ウキフカセ釣りは、いろいろな魚を狙うことができます。

イサキもウキフカセ釣りで狙うことができます。

目で見てアタリを取れるので非常に楽しい釣りです。

ここでは、堤防でのイサキのウキフカセ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

イサキのウキフカセ釣りのウキ仕掛け

イサキのウキフカセ釣りについてご紹介します。

イサキは、になるとエサを求めて浮いてきます。

浮いてきたイサキをウキフカセ釣り仕掛けで狙うのです。

もちろん、日中でもウキフカセ釣りは可能です。

安全に釣りたいのなら、朝マズメから日中にかけて釣るとよいです。

イサキのウキフカセ釣り仕掛けと釣り方【堤防 】

仕掛けは、次のとおりです。



竿

竿は磯竿の1.5~2号を使います。

長さは5.3mがベストです。


リール

リールは、中型のスピニングリールを使います。

サイズは3000番前後がおすすめです。

レバーブレーキ付のリールでもよいです。


ライン

ラインはナイロンの2~3号を使います。


ウキ

ウキは、発光式円錐ウキ(B~5B)を使います。

電気ウキ(3号など)がよいです。


ハリス

ハリスはフロロカーボンの1.5~3号を使います。

長さは3m前後にします。




針はチヌ針の2~3号を使います。

スポンサーリンク

イサキのウキフカセ釣りのポイント・タナ

イサキのウキフカセ釣りのポイント・タナについてご紹介します。

イサキ釣りをするのなら、潮通しがよくて外海に面した堤防などがおすすめです。

夜釣りなら浅いタナから、日中の釣りなら底付近を狙ってみるとよいです。

釣れなければ、どんどんタナを変えていきます。


はじめは、沖の方を狙わず、近場を攻めてみます。

いきなり沖の方を狙うと、イサキが散ってしまう恐れがあります。

アタリがなければ、少しずつ沖の方を狙っていきます。

イサキのウキフカセ釣りのエサ

イサキのウキフカセ釣りのエサについてご紹介します。

サシエはオキアミを使います。

マキエは、アミエビ配合エサを混ぜます。

夜釣りをするのなら、配合エサは夜釣り専用を使うと効果的です。

オキアミを足してもOKです。

イサキのウキフカセの釣り方

イサキのウキフカセの釣り方についてご紹介します。

狙ったポイントにマキエを撒き、イサキを寄せます。

そして、仕掛けを投入します。

基本的には、ウキを潮の流れに乗せて流していきます。

たまに、手前に寄せたり、止めたりしてもよいです。


マキエは、コンスタントに撒くようにします。

1度にたくさん撒くのではなく、適度な量を継続して撒くことが重要です。

マキエは、必ずウキの潮上に撒くようにします。

そうすれば、マキエとサシエが同調しやすくなります。


アタリがなければ、ウキ下を調整します。

流すポイントを変えるのも効果的です。


イサキが喰ってくれば、ウキが沈みます。

ウキが完全に沈んでから合わせます。

後は、ラインのテンションを緩めないように巻いてきます。


小さいイサキばかりが釣れる場合は、タナを少し上げるとよいです。

大型は、群れの上の方にいるためです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事