イサキは、おかっぱりからも釣ることができます。

その代表的な釣り方の1つがカゴ釣りです。

カゴ釣りなら良型も狙えます。

ここでは、イサキ釣りのカゴ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

イサキのカゴ釣りの時期・時間帯

イサキのカゴ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

カゴ釣りは、初夏~秋までがおすすめです。

産卵前の5~7月が狙い目です。

産卵後も体力回復のために荒食いするので比較的釣りやすいです。

釣りに行く場所によっては、年間を通して釣ることもできます。


イサキのカゴ釣りのおすすめの時間帯は、夜間です。

エサを探して活発に動き回るのでよく釣れます。

日中にも釣ることができますが、イサキのタナが深いので、カゴ釣りが有利です。

遠投して広く探れるのでおすすめです。

スポンサーリンク

イサキ釣りのカゴ釣り仕掛け

イサキ釣りのカゴ釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

イサキ カゴ釣り仕掛け

竿

竿は、磯竿(遠投仕様)の3号を使います。

長さは、5.3mがベストです。


リール

リールは、中型のスピニングリールを使います。

サイズは、3000~4000番がおすすめです。


ライン

ラインは、ナイロンの5~6号を使います。


ウキ

ウキは、発泡ウキカゴウキ8号を使います。

夜釣りの場合は電気ウキを使います。


カゴ

カゴは、天秤カゴの5~6号を使います。

カゴの目があまりにも細かいと、エサが出にくいので注意が必要です。


ハリス

ハリスは、フロロカーボンの3~4号を使います。

長さは、2~3mにします。




針は、チヌ針の2~3号を使います。

イサキのカゴ釣りの場所・ポイント

イサキのカゴ釣りの場所・ポイントについてご紹介します。

おかっぱりからイサキを狙うのなら、堤防がおすすめです。

堤防は、潮通しがよくて、ある程度の水深のあるポイントがおすすめです。

さらに、近くに磯や根があればなおよいです。


には、基本的には水深のあるポイントが多いです。

釣り荒れしていないと、数・大きさともに期待できます。

ちなみに、沖磯(船で行く磯)でも地磯(歩いて行ける磯)でも構いません。

イサキ カゴ釣り仕掛け

堤防でも、磯でも狙うべきは潮目です。

潮目には、プランクトンなどが集まるので、イサキもエサを求めてやって来ます。

イサキのカゴ釣りのエサ

イサキのカゴ釣りのエサについてご紹介します。

刺し餌は、オキアミを使います。

ボイルや遠投に適した加工済みのオキアミでもよいです。

撒き餌は、オキアミアミエビを使います。

配合エサを加えると集魚効果がアップします。

ススム
配合エサを使うと、エサ取りが集まってくることが多いので、状況に応じて使うかどうかの判断をします。

イサキのカゴ釣りのコツ

イサキのカゴ釣りのコツについてご紹介します。

夜間はイサキが浮いてくるので、浅いタナを狙います。

一方、日中はイサキは底付近にいるので、深いタナを狙います。


狙いのポイントに仕掛けを投入します。

あるいは、狙いのポイントへ仕掛けを流し込めるところに投入します。

基本的には、潮の流れに乗せて仕掛けを流します。

ある程度流して、当たりがなければ仕掛けを回収します。

エサを確認して、再度仕掛けを投入します。

後は、これを繰り返します。


仕掛けの投入は、先ほどと同じポイントへするようにします。

毎回異なったポイントへ仕掛けを投入すると、撒き餌がバラけてしまいます。

これでは、撒き餌の効果が半減してしまいます。


当たりがあれば、合わせてからリールを巻き上げるだけです。

イサキが釣れ出したら、だんだん浮いてくるので、タナを浅くしていくとよいです。


釣れなければ、ウキ下を調整して、良型のイサキが釣れるタナを探します。

針を小さ目にするとよいです。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事