北海道では、ホッケ釣りを楽しむことができます。

ホッケをライトジギングで狙うことができます。

しかも、大型のホッケ(メガホッケ)が釣れることもあります。

ここでは、ホッケのルアー釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホッケのルアー釣り仕掛け

ホッケのルアー釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ホッケのルアー釣り仕掛けと釣り方【ジギング】

ロッド

ロッドは、ライトジギングロッドを使います。

ルアーのMAXウェイトは、100~130gのものがおすすめです。

あまり硬くないMLタイプが使いやすいです。

リール

リールは、小型のベイトリールを使います。

カウンター付きなら、根掛かりを防ぐことができるなどのメリットがあります。

初心者におすすめです。

キャストする場合は、スピニングリールを使うとよいです。

ライン

ラインはPEの0.6~1号を使います。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4号前後を使います。

ジグ

ジグの重さは、60~80gをよく使います。

重さは、水深1mにつき1gを基準にします。

水深80mなら80gです。

ただし、これは目安なので、潮の速さなどによって変わります。

カラーは、ゴールド系がおすすめです。

オレンジゴールドミドリゴールドなどを使うとよいです。

フック

フロントとリアともにダブルフックです。

誘い上げて掛けたい場合はショートタイプがおすすめです。

フォールメインで掛けたい場合は、ショートタイプは不向きです。

魚までフックが届かないためです。

ノーマルタイプを使うとよいです。

ホッケのルアー釣り仕掛けと釣り方【ジギング】
スポンサーリンク

ホッケのルアーでの釣り方

ホッケのルアーでの釣り方についてご紹介します。

まず、ジグを底まで沈めます。

着底すれば、糸フケを取り、誘い始めます。

着底後、すぐに喰ってくることがあるので油断しないようにします。


基本的には、ハーフピッチジャークで誘います。

たまに止めを挟んでもよいです。

ハーフピッチジャークとは、リールを1/2回転巻きながら、ロッドを1回シャクる連続したアクションのことです。

ホッケは、あまり大きく動かさない方がよいです。

ただし、スローなワンピッチジャークが効果的な場合もあります。

他には、大きくシャクり上げてゆっくりフォールさせても喰ってきます。


数回ハーフピッチジャークで誘った後、数回大きくシャクり上げてのフォールを組み合わせる誘い方がおすすめです。

魚の反応をみながら、どのアクションが最適なのかを探っていきます。


ホッケは、底付近にいます。

そのため、底から10m上までの範囲を探っていきます。

10m上までくれば、再度底まで沈め直します。


釣れなければ、もっとスローに誘うとよいことがあります。

リールはほんの少ししか巻かずに、ロッドをゆっくりシャクり続けます。

できるだけジグを動かさずに、ソフトに誘います。


スピニングタックルを使って、軽くキャストするのもありです。

キャストすれば、広範囲を探ることができます。


アタリがあれば合わせます。

タイミングよく合わせると、しっかりフッキングさせることができます。

フッキングすれば、ゆっくり巻き上げます。

ラインのテンション緩めないようにします。

良型は網ですくうとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事