釣り具と言えば、竿やリールに目が行きがちです。

しかし、ライン(道糸)も非常に重要です。

ラインの選択次第で釣果が大きく変わることも十分にあり得ます。

そのため、ラインの特徴を知っておかないといけません。

ここでは、ラインの種類と号数・lb(ポンド)の換算表についてご紹介します。

スポンサーリンク

ラインの種類

ラインの種類についてご紹介します。

次の4種類があります。

  • PE
  • ナイロン
  • フロロカーボン
  • エステル

エステルは、アジングなど限られた釣りに用いられています。

そのため、実質的にはPE・ナイロン・フロロカーボンの3種類から選ばれることが多いです。

ラインの種類と号数・lb(ポンド)の換算表

ラインにはそれぞれ特徴があります。

主な特徴は次のとおりです。

PE

PEは引っ張り強度が強いので、細い号数を使うことができます。

一方で、擦れには弱いです。



ナイロン

ナイロンは、糸グセがつきにくいのでライントラブルは起こりにくいです。

一方で、擦れると切れやすいです。



フロロカーボン

フロロカーボンは擦れには強いです。

一方で、糸グセがつきやすいのでライントラブルが起こりやすいです。



エステル

エステルはあまり伸びないので感度がよいです。

一方で、瞬間的に大きな負荷がかかると切れやすいです。


スポンサーリンク

ナイロン・フロロカーボン・エステルの換算表

ナイロン・フロロカーボン・エステルの換算表は次のとおりです。

号数 ポンド(lb) 強度(kg) 標準直径(mm)
0.1 0.4 0.181 0.053
0.15 0.6 0.272 0.064
0.2 0.8 0.363 0.074
0.25 1 0.454 0.083
0.3 1.2 0.544 0.090
0.35 1.4 0.635 0.097
0.4 1.6 0.726 0.104
0.5 2 0.907 0.117
0.6 2.4 1.089 0.128
0.8 3 1.361 0.148
1 4 1.814 0.165
1.2 4.8 2.177 0.185
1.5 6 2.722 0.205
1.75 7 3.175 0.220
2 8 3.629 0.235
2.25 9 4.082 0.248
2.5 10 4.536 0.260
2.75 11 4.990 0.274
3 12 5.443 0.285
3.5 14 6.350 0.310
4 16 7.257 0.330
5 20 9.072 0.370
6 22 9.979 0.405
7 25 11.340 0.435
8 28 12.701 0.470
10 35 15.876 0.520
12 40 18.144 0.570
14 45 20.412 0.620
16 50 22.680 0.660
18 55 24.948 0.700
20 60 27.216 0.740
22 65 29.483 0.780
24 70 31.751 0.810
26 80 36.287 0.840
28 85 38.555 0.870
30 90 40.823 0.910

PEの換算表

PEの換算表は次のとおりです。

号数 ポンド(lb) 強度(kg) 標準値(d) 標準直径(mm)
0.1 4 1.81 20 0.054
0.15 4.5 2.04 30 0.066
0.2 5 2.27 40 0.076
0.25 5.5 2.49 50 0.085
0.3 6 2.72 60 0.094
0.35 7 3.18 70 0.101
0.4 8 3.63 80 0.108
0.5 10 4.54 100 0.121
0.6 12 5.44 120 0.132
0.7 14 6.35 140 0.143
0.8 16 7.26 160 0.153
1 20 9.07 200 0.171
1.2 24 10.89 240 0.191
1.5 30 13.61 300 0.209
1.7 34 15.42 340 0.219
2 40 18.14 400 0.242
2.5 50 22.68 500 0.270
3 55 24.95 600 0.296
4 60 27.22 800 0.342
5 80 36.29 1000 0.382
6 90 40.82 1200 0.418
8 100 45.36 1600 0.483
10 130 58.96 2000 0.540

※デニール(d)は重さの単位です。

※太さはメーカーによって異なり、編み数によって誤差が生じます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事