おかっぱりからエギを使用してツツイカを狙うライトエギング。

ケンサキイカやヤリイカ、ヒイカなどが釣れます。

千葉と神奈川には、ライトエギングのおすすめのポイントがあります。

ここでは、千葉と神奈川のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

【ライトエギングの千葉のポイント】千葉ポートパークシーガル広場前

千葉ポートパークシーガル広場は、千葉ポートタワーの近くにあります。

シーガル広場の前は、長さ400mほどの護岸になっています。

この護岸が釣り場になっています。


ヒイカ釣りの人気ポイントです。

高い実績を誇ります。

休日は多くの釣り人がやって来ます。

足場がよく、柵もあるので家族連れに適しています。

近くには駐車場がはあります。

夕方もしくは夜には閉まってしまいます。

そのため、日中から夕マズメに釣るのがおすすめです。


ヒイカ釣りなら、常夜灯が設置されているので、その周辺が狙い目です。

ヒイカ釣りのシーズンを迎えると、活性が高くなり、浮いてきます。

よい日に当たると、好釣果が期待できます。


時期によっては、セイゴやタチウオを狙うことができます。

手前のカケアガリなどを攻めるとよいです。


スポンサーリンク

【ライトエギングの千葉のポイント】検見川浜東突堤

検見川浜東突堤は、稲毛海浜公園の近くにあります。

検見川浜から2本の長い突堤が伸びています。

西突堤は立ち入りできませんが、東突堤では釣りを楽しむことができます。

内側でも外側でも釣りが可能です。

多くの釣り人が詰めかける人気のポイントです。

有料駐車場やトイレもあります。


ヒイカ釣りの実績が高いです。

常夜灯がないので、夜釣りのメリットはそこまでありません。

ただ、夜にヒイカが釣れないわけではありません。

朝夕マズメがもっとも狙い目です。

日中も底を狙えば、ヒイカを釣ることは可能です。

底は砂地なので、根掛かりするリスクは低いです。


ライトエギング以外にも、さまざまな釣りをする人がいます。

サビキ釣り・投げ釣り・ルアー釣りなど。


【ライトエギングの神奈川のポイント】浦賀港陸軍桟橋

浦賀港陸軍桟橋は、常夜灯のある小さな堤防です。

外側でも内側でも釣ることができます。

外側は目の前に敷石、沖の方にはシモリがあります。

根掛かりするおそれがあるので注意が必要です。

近くには有料駐車場があります。

柵が設置されています。


時期によりますが、ヒイカやケンサキイカ、アオリイカなどが釣れます。

ライトエギングの実績の高いポイントです。

沖の方からイカを寄せてきて、常夜灯の明るい場所で誘って抱かせるとよいです。


【ライトエギングの神奈川のポイント】城ヶ島京急ホテル周辺

城ヶ島京急ホテルは三浦市の南端にありましたが、2020年に閉館されています。

ホテルの近くに、比較的足場のよい磯が広がっています。

常夜灯がないので暗く危険です。

そのため、初心者向けではありません。

日中はフカセ釣りをする釣り人が多いです。

しかし、夜になると、フカセ釣りをする人がいなくなります。


ここでは、ケンサキイカやヤリイカ、アオリイカを狙うことができます。

ケンサキイカとヤリイカの実績が高いポイントです。

ケンサキイカは12月頃、ヤリイカは1月頃に回遊してきます。

沖の方に潮目ができれば期待大です。

常夜灯がないので、イカが回遊してくるのを待つしかありません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事