タルイカをご存じでしょうか?

マイナーなイカのため、釣りをしない人にはあまり馴染みがないかもしれません。

タルイカは立派な釣りのターゲットです。

ここでは、タルイカとはどのようなイカなのか、釣りの時期はいつなのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

タルイカとは

タルイカの正式名称はソデイカと言います。

タルイカというのは通称です。

タルイカ釣りは福井県で盛んに行われています。

福井県を含む日本海側ではタルイカと呼んでいるので、釣り人の間ではタルイカという呼び名が広まっています。

他にも、地域によってアカイカ、ベニイカ、セーイカ、カンノンイカ、シンジュウイカなどいろいろな呼び名があります。


本州から沖縄にかけての沿岸に生息しています。

250mまでの幅広い水深で見られます。

海面近くまで浮いてくることもあります。

体色は鮮やかな赤色をしています。

30kgを超える個体もいるモンスター級のイカです。

10kgぐらいまでのタルイカであれば、比較的よく釣れます。

食用のイカとしては最大級です。

スポンサーリンク

タルイカ釣りの時期

タルイカ釣りの時期についてご紹介します。

タルイカ釣りは、例年9~12月頃まで行われます。

タルイカは回遊してくるイカです。

当然ですが、回遊してこないとまったく釣れません。

そのため、釣れ出す時期は年によって大きく異なります。


さらに、年によって回遊してくるタルイカの数が大きく異なるため、豊作・不作の差が激しいです。

まったくと言ってもよいほど釣れない年もあります。

釣れる年でも、全員がじゃんじゃん釣れることはほとんどありません。

よい人で10匹ぐらいまでのことが多いです。

1人数匹釣れれば、まだよい方という日も珍しくはありません。

あまりよくない日は、0匹ということも十分にあり得ます。

タルイカ釣りの時期【ソデイカ】

実は、おかっぱりからでもタルイカを狙えます。

釣りをする人は多くはありません。

釣り場にもよりますが、11~2月頃がおすすめです。

実績のある釣り場なら期待できます。

タルイカ釣りの時間帯

タルイカ釣りの時間帯についてご紹介します。

タルイカは、日中は深場にいることが多いです。

暗くなると、表層付近まで浮いてくることがあります。

おかっぱりから狙うのであれば、夕マズメから夜間です。

船釣りも基本的には夜釣りで狙います。

狙うタナは船長から指示があります。

表層ばかりを狙うことはなく、指示ダナの範囲でタナを探りながら釣ります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事