東京湾など大人気のスミイカ釣り。

スミイカとはコウイカのことです。

スミイカはテンヤを使って釣ることができます。

ここでは、スミイカのテンヤ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

シャコテンヤと呼ばれる釣りです。

スポンサーリンク

スミイカのテンヤ釣りの仕掛け

スミイカのテンヤ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

スミイカのテンヤ仕掛けと釣り方【シャコテンヤ】

竿

竿は、先調子スミイカ竿を使います。

長さは2~2.4mです。

軽い方が疲れなくてよいです。


リール

リールは小型の両軸リールを使います。


道糸

道糸はPEの2号を使います。

100m巻いておけばよいです。


リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号を使います。

長さは1.5~3mです。


テンヤ

テンヤはスミイカテンヤを使います。

サイズは20~25号です。

スポンサーリンク

スミイカのテンヤ釣りのエサと付け方

スミイカのテンヤ釣りのエサと付け方についてご紹介します。

エサは生きたシャコを使います。

テンヤにシャコを付けます。

スミイカのテンヤ仕掛けと釣り方【シャコテンヤ】

シャコの持ち方についてです。

シャコは体を二つ折りにして持ちます。

尻尾が頭の下にくる丸まった状態です。

このように持つのは、シャコにはカマ(捕脚)やトゲがあるためです。


はじめに、カマの先をハサミでカットします。

カットするのは切れる先だけです。

尾羽根の中央を三角にカットしておきます。

今カットした尻尾の部分から、テンヤの竹串をまっすぐ刺していきます。

一杯まで刺したら、シャコをテンヤに固定するために輪ゴムを使います。

カマを折りたたみ、カマも一緒に頭の部分で輪ゴムでとめます。

輪ゴムがズレないようにしておきます。

スミイカのテンヤでの釣り方

スミイカのテンヤでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

着すれば、糸ふけを取ります。

シャープにシャクり上げます。

この時、リールを持っていない方の手を竿に添えて行うと誘いやすいです。

シャクり上げたら少し止めます。
その後、テンションをかけながら竿をゆっくり下げていきます。

竿先に重みを感じながら落とし込んでいきます。

底に着けば、道糸のテンションを少し緩めて7~8秒アタリを待ちます。


ずっしりとした重みを感じれば、スミイカがテンヤに抱きついています。

合わせを入れて巻き始めます。

竿を下げるとバレてしまうので注意が必要です。


フグなどのエサ取りが多い場合は、アタリを待つ時間を短くします。

5秒にしてみるとよいです。


仕掛けが上がってれば、テンヤを掴みます。

リーダーを持つと、テンヤがくるくる回転してしまい、スミイカに墨をかけられてしまうおそれがあります。

テンヤを持って、スミイカの甲を自分の方に向けます。

親指と人差し指で頭部の付け根を掴んで、スミイカを外します。

スミイカは、必ず船の外に向けるようにします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事