ウナギの数が減ってきたのでなかなか手に入らないというニュースがよく報じられています。

実際のところ、釣りに行っても昔に比べると減ってきているようです。

ただ、ウナギがまったく釣れなくなったわけではありません。

きちんと適した時期の時間帯に釣りに行けば、ウナギを釣ることは可能です。

ここでは、ウナギ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

ウナギとは?

ウナギは、ウナギ科 ウナギ属の魚です。

一般的にウナギと呼ばれているのは、ニホンウナギのことです。

有名な魚なので、ウナギのことを知らない人はいないと思いますが、生態などは意外と知られていません。

体型は細長く、最大で1.3mほどにも成長します。

泳ぐことは得意ではないので、それほど速く泳ぐことはできません。

ウナギ釣りの時期・時間帯

北海道以南の淡水及び汽水、海水に生息します。

基本的には、淡水魚として知られています。

海で産卵し、孵化後淡水に帰ってきます。


日中は、砂の中障害物の陰に隠れています。

暗くなるにつれて、エサを求めて動き出す夜行性です。

スポンサーリンク

ウナギ釣りの時期のおすすめ

ウナギ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

ウナギは4~10月に釣れます。

夏の暑い時期(6~8月)がベストシーズンです。

梅雨などの水かさが増大する時期もよく釣れます。

ただ、これ以外の時期にも釣れないことはありません。

寒い時期は、かなり食いが落ちますので、釣り上げるのは難しいです。


ウナギの数が減っていると話題になることが多いです。

場所によっては、ウナギを保護するため、産卵のため海に向かうウナギを捕ることを禁じている時期(10~3月など)があります。

さらに、漁業権が必要な場合もあります。

ススム
違反者には、罰則が適用されることがあります。

事前に確認しておくことが必要です。

ウナギ釣りの時間帯のおすすめ

ウナギ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

ウナギは夜行性のため、夜釣りがおすすめです。

一晩中釣れますが、特に夕マズメからの1時間がもっともよいと言われています。

夜間はエサを求めて活発に動き回るので、それほど障害物などを気にする必要はありません。

もちろん、日中にも釣ることができます。

水が濁っている場所や障害物の陰を中心に狙っていくとよいでしょう。

満ち潮の時間帯も狙い目です。


時間帯ではありませんが、雨が降って川が増水した時によく釣れることがあります。

雨上がりの時間帯を狙って釣りに行くのもよいです。

ただ、増水した川で釣りをするのは危険なので、十分に注意する必要があります。

おすすめはできません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事