関東エリアには、ウナギ釣りで実績の高い釣り場が数多く存在します。

多摩川にも人気の釣り場があります。

調布取水堰から河口域まででウナギがよく釣れます。

多摩川では、消波ブロック帯が狙う目となっています。

水深があってエサが集まっているためです。

ここでは、多摩川でおすすめのウナギ釣り場についてご紹介します。

スポンサーリンク

【ウナギ釣り場】ガス橋周辺

ガス橋周辺は、ウナギ釣りの好ポイントとなっています。

橋の右岸には消波ブロック帯があります。

その上流にはゴロタも入っています。

ここは、エサとなるテナガエビがたくさんいるので、ウナギが集まっています。


スポンサーリンク

【ウナギ釣り場】多摩川大橋周辺

多摩川大橋周辺は、有名なウナギ釣り場として知られています。

橋の右岸には、消波ブロック帯が広がっています。

消波ブロックから1.5mほど離れたポイントへ仕掛けを投入するとよいです。

対岸の護岸から釣ることができます。


【ウナギ釣り場】六郷橋下流

六郷橋の下流には消波ブロック帯が続いています。

ここからウナギを狙うことができます。

消波ブロック帯の下流側は凹みになっており、泥底の浅瀬になっています。

この護岸でもウナギは釣れます。


【ウナギ釣り場】その他

多摩川には、他にもおすすめのポイントがあります。

多摩川大橋と六郷橋周辺は上でご紹介しました。

実は、これらの橋の間にも好ポイントがあります。

おすすめは、次の2つのポイントです。

1つは、川崎競馬場練習馬場の対岸にある消波ブロック帯です。



もう1つは、多摩川緑地野球場の対岸にある消波ブロック帯です。



どちらの消波ブロック帯も広大でかなり期待できます。

1級ポイントです。

コインパーキングが近くにあるので利用するとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事