ハマチやブリは、青物の中でもっともポピュラーな魚です。

おかっぱりからでも、船からでも狙えます。

特に、ブリは釣り人の憧れであり、1度は釣り上げたいと思われている魚の1つです。

ここでは、ハマチ・ブリ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハマチ・ブリとは

ハマチとブリは、同じ魚です。

ハマチが大きくなれば、いずれはブリになります。

つまり、大きさによって呼び名が変わるのです。

このような魚のことを出世魚と言います。

ハマチ・ブリ釣りの時期・時間帯

関西では、次のとおりです。

  • ツバス・・・~30cm
  • ハマチ・・・30~60cm
  • メジロ・・・60~80cm
  • ブリ・・・80cm~

大きさは、明確に決まっているわけではありません。

そのため、地方によっては異なることがあります。

ススム
関東では、ワカシ・イナダ・ワラサ・ブリの順で呼び名が変わります。


他の代表的な出世魚
ハマチ・ブリ以外では、次のような出世魚がいます。

スズキ

セイゴ(~40cm) → ハネ(40cm~60cm) → スズキ(60cm~)

スズキ シーバス


サワラ

サゴシ(40~50cm)→ ナギ(50~60cm)→ サワラ(60cm~)

サワラ


カンパチ

シオ(~60cm)→ カンパチ(60cm~)

カンパチ

他にも、いろいろな魚がいます。



ハマチ・ブリは、スズキ目アジ科の魚です。

群れで回遊して、ベイトを追いかけて捕食します。

ルアー釣りの定番として人気があります。

底から表層までいろいろな層を泳いでいます。

大きく成長すると、底から中層を泳いでいることが多いです。

夜間にも捕食するので、夜釣りで狙うこともできます。


堤防から釣れるのは、ほとんどがツバス・ハマチです。

まれにブリが釣れます。

ブリなどの大型を狙いたいのなら、やはり船釣りです。

もちろん、船釣りでも時期などによっては、ツバスやハマチしか釣れないこともあります。

スポンサーリンク

ハマチ・ブリ釣りの時期のおすすめ

ハマチ・ブリ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

ハマチ・ブリは、4~12月に釣ることができます。

7~11月がベストシーズンです。


時期によって、釣れる大きさが変わります。

春~秋は、ツバスハマチがよく釣れます。

晩秋~冬は、メジロブリが釣れるようになります。

ただ、釣りに行く場所や年によっても変わります。

ちなみに、私は春にメジロやブリを釣ることがあります。


初心者には、数釣りが楽しめるがおすすめです。

大型を狙いたいのなら、晩秋以降の寒い時期がよいです。


ベイト次第で、ハマチ・ブリが釣れる時期は大きく変わります。

そのため、ベイトや釣果の情報をこまめに収集しておくとよいでしょう。

ハマチ・ブリ釣りの時間帯のおすすめ

ハマチ・ブリ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

時間帯は、朝夕マズメが狙い目です。

特に、朝マズメがよく釣れます。

個人的には、朝マズメを含む午前中によく釣れるというイメージが強いです。

夕マズメも悪くはないかもしれませんが、朝マズメほどの爆発力はないように感じます。

もちろん、日中にも釣れないわけではありません。


潮やベイトの状況で、釣れる時間帯はかなり変わります。

前日は朝マズメによく釣れたとしても、翌日はさっぱり釣れないということも珍しくはありません。

正直なところ、実際に行ってみないとわかりません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事