魚は、基本的に締めた方がよいです。

それは、生臭さがなくなったり、身がしっかりしておいしく食べることができるためです。

タチウオも例外ではありません。

ここでは、タチウオの締め方についてご紹介します。


魚の締め方には、いくつか方法があります。

もっとも有名なのが、氷締め血抜きです。

氷締めとは、文字どおり氷で冷やして締める方法です。

血抜きとは、エラなどを切って血を抜いて締める方法です。

タチウオにも、これらの締め方は有効です。


しかし、おすすめの締め方があります。

その締め方は、次のとおりです。

キッチンバサミで、タチウオの頭の上部分に切り込みを入れます。

プライヤーなどでもOKです。

または、サバの首折りの要領で、頭の上部分で折ってもよいです。

折って締めるのは、慣れないと難しいかもしれないので、ハサミで切り込みを入れる方法の方がよいです。

ススム
どちらで締めるにしても、タチウオは鋭い歯を持っているので、締める時に手を切らないように注意しなければなりません。

タチウオの締め方

これだけでも十分ですが、併せて血抜きも行っておくと完璧です。

ハサミやナイフでエラの付け根を切って、しばらく海水に浸けておきます。

あとは、氷で冷やして持って帰れば、おいしく食べられます。

氷がタチウオに直接当たらないように、新聞紙などを間に挟んでおくとよいです。


神経締めもおすすめ
神経締めとは、神経に刺激を与えて、死後硬直を遅らせる締め方です。

このようにすることで、少しでも腐敗するのを遅らせることができます。

タチウオも神経締めすることが可能です。

タチウオの目と目の間にワイヤーを刺します。

慣れなければ、うまく締まらないことがあります。

併せて血抜きも行っておくとよいです。

参考動画



締めるのが難しいと感じた人は、氷で冷やすだけでもOKです。

締めないと食べられないわけではありません。

ただ、できるだけおいしく食べたいのなら、締めおくことをおすすめします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事