ハゼ釣りは東京でも行うことができます。

しかも、よく釣れる好ポイントがたくさんあります。

その中でも、東京のおすすめのハゼ釣りポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

【ハゼ釣りポイント①】クローバー橋周辺

クローバー橋は、小名木川と横十間川が交差する場所に架かる橋です。

橋周辺は、ハゼの都心の定番ポイントとして有名です。

水深は、深いところで3.5m前後です。

小名木川も横十間川も、ハゼがよく釣れる川です。

足場の低い小名木川の方が釣りやすいです。

【ハゼ釣り】東京のポイントのおすすめ

ここでは、小名木川の方のポイントについてご紹介します。

おすすめの釣り方は、ミャク釣りちょい投げ釣りです。

10月頃までよく釣れます。

だんだん大きくなり、10月には15cm以上になります。


ミャク釣り

3.6m前後ののべ竿を使います。

ハゼは川の真ん中~足元までいます。

底まで沈めて、丁寧に探っていけばOKです。

細めのアオイソメを使うとよいです。


ちょい投げ釣り

2m弱のコンパクトロッドを使うと釣りやすいです。

仕掛けは5~7号のハゼ針のものを使います。

軽くキャストして、広範囲を探ります。


ウキ釣りも可能です。

しかし、水深が深いのであまりおすすめしません。



スポンサーリンク

【ハゼ釣りポイント②】東大島駅周辺

都営新宿線東大島駅周辺は、ハゼ釣りの好ポイントです。

駅の上流下流、左岸右岸どこでも釣れます。

駅から近いので電車釣行におすすめです。

トイレやコンビニがあり、家族連れにも安心です。


ここは川幅があまりないので、3m前後ののべ竿で釣るのが最適です。

仕掛けをキャストすると、対岸まで届いてしまいます。

人に当たったら危険なので、キャストは控えた方がよいです。


ミャク釣りで狙うとよいです。

0.5号のオモリを使います。

流れが速い場合は2~3号に変えるとよいです。

針は、5~6号のハゼ針がおすすめです。


手前にゴロタが広がっています。

ここにもハゼがいます。

サイトフィッシングできます。


雨が降った後は、あまり釣果が伸びないことが多いです。

晴れよりも空が暗い日の方がよく釣れます。

小雨や曇りの日に行くとよいです。



【ハゼ釣りポイント③】舞浜大橋周辺

旧江戸川の河口付近にあるポイントです。

石積みエリアの手前が狙い目となっています。

フェンスがあるので家族連れにも安心です。


ここでは、ミャク釣りでハゼを狙います。

ハリスは10~15cmほどにしておきます。

長すぎると、仕掛けが浮いてしまうので注意が必要です。

底は牡蠣殻や岩が多いので、根掛かりしやすいです。

そのため、仕掛けを沈めてから動かし過ぎない方がよいです。


エサは、アオイソメとイシゴカイを用意します。

針に通し刺しにします。

タラシは1~2cmでよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事