手軽で初心者にも簡単に釣ることができるハゼ。

ハゼ釣りは、ファミリーフィッシングの定番の釣りの1つです。

ここでは、ハゼ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハゼとは

まず、ハゼとはどのような魚のなのか知ることから始めましょう。

ハゼは、スズキ目ハゼ科に属する魚です。

北海道以南の内湾や河川(河口含む)などの砂泥地に生息しています。

世界には2000種類以上のハゼがおり、釣りのターゲットとなるのはマハゼです。

細長い体形をしていて、腹ビレで石などにへばりつくことができるので、速い流れの川でも問題なく生息できます。

体長20cmを超える個体もいます。

基本的には、1年で死んでしまいます。

ススム
ハゼ釣りは、ライトなタックルで、非常に簡単に行うことができます。

そのため、ファミリーフィッシングとして人気が高いです。

ハゼ釣りの時期・時間帯
スポンサーリンク

ハゼ釣りの時期のおすすめ

ハゼ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

ハゼは、6~12月に釣れます。

特に、8~10月がおすすめです。


は、浅場でよく釣れるので、ファミリーフィッシングに最適です。

ミャク釣りやウキ釣りがおすすめです。


晩秋から冬にかけて、ハゼは深場(水深10mほど)へ移動していきます。

ただ、産卵前の荒食いの時期なので、比較的釣りやすいです。

ちょい投げ釣りで狙うとよいでしょう。


に産卵を行ったハゼのほとんどが死んでしまいます。

一部が越冬するとは言え、数が減るので、梅雨までは厳しい時期が続きます。

ただ、脂がのった大型のハゼが釣れます。


梅雨の時期になると、ふ化した稚魚が5cmほどに成長します。

そのため、小さいですが、ハゼが釣れ出します。

ここから、夏・秋にかけてどんどん上向いていきます。

ハゼ釣りの時間帯のおすすめ

ハゼ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

魚釣りは、朝夕マズメの時間帯がよいと言われます。

ハゼ釣りも例外ではありません。

ただ、マズメ以外の日中でもよく釣れます。

ハゼ釣りに関しては、それほどマズメにこだわれる必要はありません。


時間帯よりも、潮を重要視した方がよいです。

ハゼ釣りは、満潮前の上げ潮の時間帯がおすすめです。

潮が満ちるにしたがって、ハゼがどんどん浅場に上がってきます。

干満の差が大きい大潮の日を狙って釣りに行くとよいです。

ハゼ釣りは、潮の状況が釣果に大きな影響を及ぼします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事