ウキ釣りは、ハゼ釣りの人気の仕掛けの1つです。

ミャク釣り仕掛けにウキを付けたものです。

目で当たりが取れる分、初心者におすすめです。

ここでは、ハゼ釣りのウキ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハゼのウキ釣り仕掛け

ハゼのウキ釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

ハゼ釣りのウキ釣り仕掛け

竿

竿は、のべ竿を使います。

のべ竿とは、穂先に直接糸を結んで使う竿のことです。

リールは使いません。

中でも、渓流竿万能竿がおすすめです。

長さは、2~5mを状況により使い分けるとよいです。

短い竿は、近場を狙う時に扱いやすいです。

糸絡みなどのトラブルが少ないです。

一方の長い竿は、離れたポイント深場を狙うことができます。

ラインが絡んだり、重いので疲れやすいです。

近場を狙う時はおすすめできません。

そのため、竿の長さはポイントまでの距離や水深などで選ぶとよいです。

もちろん、ウキ釣りをリール竿で行っても構いません。

ここでは、のべ竿を使った仕掛けについて解説します。


ライン

ラインは、ナイロンの0.8~1.5号を使います。


ウキ

ウキは、玉ウキでも棒ウキでもよいです。

ウキを付けずに、ミャク釣り仕掛けで釣ってもOKです。


オモリ

オモリは、ガン玉(3Bなど)板オモリを使います。


ハリス・針

ハリスは、フロロカーボンの0.4~0.8号を20~30cmほどセットします。

長さは、ハリスが底を10cmほど這うようにしておきます。

針は、袖針3~6号がおすすめです。

ススム
初夏は、ハゼが小さいので、針も小さいものを使います。

スポンサーリンク

ハゼのウキ釣りのポイント

ハゼのウキ釣りのポイントについてご紹介します。

ハゼは、川(河口を含む)漁港などで狙うことができます。

時期によって、浅瀬から深場までいろいろな水深にいます。

もっとも確実なのは、実績のある釣り場でのポイントです。

実際に行ってみて、どのポイントでよく釣れているのかを確認しておくとよいです。

ハゼのウキ釣り仕掛け

ハゼのウキ釣りのエサ

ハゼのウキ釣りのエサについてご紹介します。

エサは、アオイソメイシゴカイ(ジャリメ)を使います。

タラシは、1~2cmほどと短めにしておきます。

大型を狙う時は、大きめにしてアピールするとよいです。

ハゼのウキ釣りの釣り方

ハゼのウキ釣りの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

この釣り方でもっとも重要なのは、ウキ下の長さです。

ハゼは底にいるので、仕掛けが底から浮いていると喰ってくれません。

そのため、ハリスが底を這うようにセットしておきます。

最低でも、底までの長さにします。


まず、狙ったポイントの潮上に仕掛けを投入します。

基本的には、そのまま仕掛けを流しながら当たりを待ちます。

当たりがなければ、流れるのを止めたり、仕掛けを引いてやってもよいです。

流れがない場所では、仕掛けをゆっくり引いてきます。


当たりがあると、ウキが沈みます。

完全に沈んだら、軽く合わせるとよいです。


なかなか針がかりしない時は、針やエサを小さくすると効果的です。

いかに早くコツを掴めるかで釣果に差が出ます。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事