ハゼは暑い時期以外にも釣ることができます。

落ちハゼという言葉を耳にすることがありますが、落ちハゼとは何なのでしょうか?

ここでは、落ちハゼの仕掛けや釣り方、時期などについてご紹介します。

スポンサーリンク

落ちハゼとは

落ちハゼとは、水温が下がって深場に落ちていくハゼのことです。

落ちハゼの時期の釣りは大型が釣れることが多いです。

サイズは、15~20cmほどにもなります。

当然、サイズアップすれば、引きも強くなります。

ハゼとは思えないようなアタリを楽しむことができます。

スポンサーリンク

落ちハゼ釣りの時期

落ちハゼ釣りの時期はいつ頃なのでしょうか?

年によって若干異なりますが、10月中旬頃から始まります。

12月上旬まで釣れることが多いです。

12月末までいける年もあります。

落ちハゼの仕掛けや時期について解説!釣り方は?

いつから落ちハゼ釣りが始まるのかについては、はっきりとは言い切れません。

ただ、確かめることはできます。

目安としては、ウキ釣りやミャク釣りで浅瀬を攻めてみて、ハゼが釣れないと、そろそろ落ちハゼの時期だと判断できます。

落ちハゼの釣り場・ポイント

落ちハゼの釣り場・ポイントについてご紹介します。

釣り場は、汽水域に接している運河などがおすすめです。

10月中旬以降のハゼは深場に落ちていきますので、岸から離れた場所(深場)にいることが多いです。

そのため、ある程度キャストしなければなりません。

釣りに行く場所にもよりますが、50~60mほど投げることもあります。


また、船道になっているポイントがあれば、そこを狙ってみるとよいです。

船道は水深があって、カケアガリになっていることが多いためです。

落ちハゼ釣りの仕掛け

落ちハゼ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

落ちハゼの仕掛けや時期について解説!釣り方は?

ちょい投げ釣りで使用する仕掛けと同じです。

仕掛けは、キス釣り用の3本針仕掛けを使ってもよいです。

この頃のハゼは、ある程度大きいので、キス仕掛けでも問題ありません。


落ちハゼ釣りの釣り方

落ちハゼ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、狙ったポイントへキャストします。

着底したら、ゆっくりと仕掛けを引いてきます。

ある程度引いたら、止めて様子をみます。

キスの引き釣りの要領でやればよいです。


アタリがあっても、合わせずにそのまま巻き続けます。

うまくいくと、追い食いが期待できます。

何回かアタリがあったり、重くなったりすれば、巻き上げるとよいです。

根がかりが多い時は、置き竿で釣るとよいです。


あとは時合を逃さないように、効率的に釣りを行います。

時合を逃すと、数が伸びません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事