手軽にできて楽しいハゼ釣り。

ハゼの基本的な釣り方の1つとしてミャク釣りがあります。

特に、夏は浅場で小さなハゼ(デキハゼ)がたくさん釣れるので、ミャク釣りが効果的です。

ハゼ釣りのミャク釣り仕掛けと釣り方・コツについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハゼのミャク釣り仕掛け

ハゼのミャク釣り仕掛けについてご紹介します。

ミャク釣りと言っても、いろいろな仕掛けがあります。

ウキは使いません。

こちらは、代表的な仕掛けとなっています。

  ハゼのミャク釣り仕掛けと釣り方

  ハゼのミャク釣り仕掛けと釣り方

ミャク釣りでは、片天秤中通しオモリを使います。

上は片天秤を使った仕掛けです。

下は中通しオモリを使った仕掛けです。

どちらがよいとは一概には言えませんので、お好みで選んでください。

竿

竿はのべ竿を使います。

長さは2~5mです。

浅場狙いの場合は、短い竿の方が釣りやすいです。

リールは必要ありません。

道糸

道糸はナイロンの0.8~2号を使います。

道糸+仕掛けの長さが、竿の長さぐらいになるようにしておきます。

オモリ

上の仕掛けのオモリは1~3号を使います。

下の仕掛けのオモリは、中通しオモリを使います。

0.3~2号がおすすめです。

ハリス

ハリスは、フロロカーボンの0.4~0.8号を使います。

長さは5~10cmです。

針は、袖針の3~6号を使います。

スポンサーリンク

ハゼのミャク釣りの釣り方・コツ

ハゼのミャク釣りの釣り方・コツについてご紹介します。

まず、仕掛けを狙ったポイントへ投入します。

仕掛けをピンと張った状態にします。

この状態で10秒をアタリを待ちます。


アタリがなければ、竿を動かして仕掛けを1cmほど上下させます。

その際、止めを入れるなど、誘うテンポを変えると効果的です。

それでも、アタリがなければ仕掛けを回収して、新たなポイントへ投入します。

根がかりに注意しながら、底をゆっくり引くのも有効です。

ハゼの反応がなければ、どんどん場所を移動していきます。

ハゼのミャク釣り仕掛けと釣り方・コツ

アタリを待っていると、手にプルプルという感触が伝わってきます。

プルプルというアタリは、ハゼがエサを咥えて逃げようとしている時のものです。

この時点で合わせても針掛かりしないことが多いです。

実は、プルプルの前に小さなアタリがあります。

このアタリで合わせていくと針掛かりしやすいです。

違和感があったら、どんどん合わせていくとよいです。

もし掛らなくても、ハゼはまた喰ってきます。

針掛かりすれば、仕掛けを寄せてくるだけです。


居喰いと言って、エサを喰ってもまったく動かないことがあります。

この場合、アタリはまったく出ません。

そのため、仕掛け回収時には空合わせをするようにしておくとよいです。


釣れない時は、針を小さくするのも効果的です。

エサの有無やズレなどもチェックするようにします。

初心者や子供でも簡単に釣れますので、誰でも楽しめます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事