ハゼはワームでも狙えます。

最近、人気の釣り方です。

魚は小さいですが、誘って喰わせて釣れた時は最高です。

ここでは、ハゼ釣りのワーム仕掛けと釣り方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハゼ釣りのワーム仕掛け

ハゼ釣りのワーム仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

ハゼ釣りのワーム仕掛けと釣り方

この仕掛けは、やや重いオモリで比較的遠くまで投げることができます。

小さいオモリを付けて、近場付近を狙うことも可能です。


ハゼ釣りのワーム仕掛けと釣り方

この仕掛けは、オモリが小さいので近場付近を狙います。

竿

竿は、メバリングロッドバスロッドなどを使います。

感度のよいものが釣りやすいです。

長さは2~3mです。

リール

リールは、スピニングリールを使います。

サイズは1000~2000番がおすすめです。

道糸

道糸は、PEナイロンを使います。

どちらでも構いません。

PEなら0.6~0.8号、ナイロンなら1~2号がおすすめです。

リーダー

リーダーは、道糸にPEを使った場合に必要となります。

ナイロンでもリーダーをセットしても構いません

フロロカーボンの0.6~0.8号を使います。

長さは15~20cmが必要です。

ハリス

ハリスは、フロロカーボンの0.8~1号を使います。

全長は20~30cmです。

針は袖バリの1~3号を使います。

バーブレスにしておくと、飲み込まれてもすぐに外せます。

オモリ

上の仕掛けのオモリについて、中通しオモリの2~4号を使います。

下の仕掛けのオモリについては、噛み潰しオモリを使います。

ワーム

ワームは、ニオイや味付きのものを使います。

普通のワームでもよいですが、ニオイや味付きのものの方が喰いがよいです。

マルキューのパワーイソメガルプのサンドワームイソメがおすすめです。

ハゼ釣りのワーム仕掛けと釣り方
スポンサーリンク

ハゼのワームでの釣り方

ハゼのワームでの釣り方についてご紹介します。

はじめに仕掛けを軽くキャストします。

仕掛けが底に着くまで待ちます。

着底したら、仕掛けをゆっくり引いてきます。

ハゼは底にいるので、ワームが浮きすぎないように注意します。

速く引くと浮き上がりやすいです。


30cmほど引くと、一度引くのをやめてアタリを待ちます。

この時、道糸は張り気味にしておきます。

アタリがなければ、先ほどと同じように再度引きます。

これを繰り返します。

それでもアタリがなければ、引く距離や速さを変えてみます。

その場でシェイクして誘うのも効果的です。


アタリがあれば、合わせます。

針がかりすれば、仕掛けを巻いてきます。

アタリがあるのに針がかりしない場合は、ワームのタラシを短くしてみるとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事