サツキマスとは、アマゴの降海魚のことです。

見た目は、アマゴとはまったく異なる別の魚に見えます。

このサツキマスをルアーで狙うのがおもしろいです。

ここでは、サツキマスのルアータックルと釣り方についてご紹介します。


サツキマスについてはこちらで!

スポンサーリンク

サツキマスのルアータックル

サツキマスのルアータックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

サツキマスのルアーでの釣り方!タックルは?

ロッド

ロッドはトラウトロッドを使います。

6:4調子が扱いやすく、バラシが少ないのでおすすめです。

長さは7~8フィートです。

川の規模狙うポイントによって選ぶべきロッドが変わります。


リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは3000番がおすすめです。

流れが速いポイントを攻めることが多いので、ハイギアモデルがよいです。

ドラグ性能の優れたものを選びます。


ライン

ラインは、PEの0.6号前後を使います。

200m巻いておきます。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの16lb前後を使います。

長さは70~80cmです。

ラインとはFGノットなどで直結します。


ルアー

ルアーは、7cmのミノーを中心に使います。

サイズは6~9cmまで揃えておきます。

フローティング・シンキング・ディープダイバーなど、さまざまなタイプのものを状況によって使い分けます。


10g前後のスプーンもおすすめです。

遠投ができて深場を探りやすいです。

泳ぎ方の異なるものをいくつか用意しておきます。

スポンサーリンク

サツキマスを釣るのが難しい理由

サツキマスは釣るのが難しい魚の1つです。

数が少ないという理由だけではありません。

サツキマスは渓流の魚ということもあって、非常に警戒心が強いです。

その上、産卵のために遡上するとエサを喰わなくなります。

ただ、縄張り意識が強いので、これを利用するとうまく喰わせることができます。

サツキマスのルアーでの釣り方!タックルは?

サツキマスのルアーでの釣り方

サツキマスのルアーでの釣り方についてご紹介します。

ポイントには、サツキマスに警戒心を与えないように静かに入ります。

仕掛けをキャストして、広く探っていきます。

アップクロスからはじめてダウンクロスまで扇状に探るのが基本です。

アップクロスとは、下流から上流に向けてルアーをキャストして誘うことです。

一方、ダウンクロスは上流から下流に向けてルアーをキャストして誘うことです。

アタリがなければ、移動して同じように扇状に探ります。

これを繰り返します。


基本的には、スローなただ巻きで誘いを入れます。

サツキマスの目の前をゆっくり通すようなイメージです。

サツキマス釣りは、リアクションの釣りと言ってもよいです。

そのため、トゥイッチなどのアクションを織り交ぜるとよいことがあります。

反応がないようなら、速巻きで引いてきてポーズを入れると効果的な場合があります。

ルアーの速い動きに反応することもあります。


流れの変化から底の地形をイメージしながら誘うことが重要です。

底に岩やくぼみなどがある場所は好ポイントです。

淵になっているようなポイントも狙い目です。

サツキマスが溜まっていることが多いです。

スプーンやディープダイバーなどで深いレンジまで誘ってみます。

釣れない場合は、流れのない淀んだ場所を攻めるとよいです。


サツキマスは反転食いが多いので、強烈なアタリが出ます。

ただ、警戒心の強さからチェイスだけで喰ってくれないことが多いので、スレ掛かりしてしまうことがよくあります。

スレ掛かりは非常にバレやすいです。

そのような日は活性が低いので、ルアーの操作をおとなしくした方がよいです。


アタリがあれば合わせます。

サツキマスのファイトは強烈です。

強く引き込み、激しく暴れます。

強引なやり取りはNGです。

取り込み時のバラシが多いので注意が必要です。

サツキマスを下流へ回してネットランディングします。

取り込めるタイミングがあれば、一気にネットですくいます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事