シーバスのシーズナルパターンにアミパターンというものがあります。

アミパターンでは、どのような釣り方をすればよいのでしょうか?

ここでは、シーバスのアミパターンのルアーなどの攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバスのアミパターンとは?その時期は?

シーバスのアミパターンとは何なのか、時期はいつなのかについてご紹介します。

アミパターンとは、シーバス釣りで見られる12~6月のシーズナルパターンのことです。

河川河口付近がメインのフィールドとなります。

アミとは、プランクトンの一種で汽水域に生息する甲殻類のことを言います。

ススム
イサザアミが、アミパターンとしては有名です。

シーバスのアミパターンのルアー

アミは、常夜灯の明かりに集まるので、シーバスはそれを追ってきます。

この時期のシーバスは、全体的に小型であることが多いです。

産卵期のため、大型は深場に移動しているためです。

スポンサーリンク

シーバスのアミパターンでおすすめのタックル

シーバスのアミパターンでおすすめのタックルについてご紹介します。

小型がメインターゲットのため、比較的ライトなタックルでOKです。

柔らかめのロッドがおすすめです。

ルアーは、バイブレーションシンキングペンシルなどがおすすめです。

ルアーのサイズやカラーは、アミを意識する必要はそれほどなく、シーバスの反応をみながら選ぶとよいです。

ジグヘッド&ワームは沈むのが速いので、積極的に追ってこないこの時期に適していません。

もちろん、状況によってはよいこともあります。

シーバスのアミパターンの釣り方

シーバスのアミパターンの釣り方についてご紹介します。

基本的には、キャスト後ただ巻きで引いてくるだけでよいです。

重要なのは、引いてくる速度レンジです。

状況により異なるので、最適な速度とレンジを探る必要があります。


速度

アミを食べている時は、小魚を食べている時のようにルアーを追いません。

追いかけさせようと思って引いても、なかなか喰ってくれないのです。

そのため、喰わせようと速く巻き過ぎるのは逆効果です。

基本的にはゆっくり巻くのがよいです。

巻く速さに注意しなければなりません。


レンジ

狙うべき主なレンジは、中層から表層までです。

ただ、アミがいるレンジを狙うのが鉄則です。

大型狙いならボトムを狙うとよいです。

数は少ないかもしれませんが、ボトムに産卵を終えた大型がいることがあるためです。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事