基本的には、シーバス釣りはキャストして誘って釣ります。

そのため、リールは非常に重要です。

扱いにくいものや大きくて疲れるものなどは避けたいですね。

ここでは、シーバスのリールのサイズとおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバス釣りのリールはスピニング?ベイト?

リールには、スピニングリールとベイトリールがあります。

シーバス釣りにはどちらがよいのでしょうか?

基本的には、シーバス釣りにはスピニングリールが使われます。

ボートからの釣りなら、真下に沈めたり、軽くキャストするぐらいでよいです。

しかし、おかっぱりからの釣りでは、ある程度遠くまでキャストしなければならないことが多いです。


スピニングリールは、ベイトリールと違ってキャストしてもバックラッシュしません。

そのため、スピニングリールの方がキャストしやすいです。

しかも、普通はスピニングリールの方が遠くまでキャストできます。

こういった点などから、スピニングリールが好まれます。

ススム
ボートからの釣りで本格的にキャストしないのなら、ベイトリールでもOKです。

シーバスのリールのサイズ
スポンサーリンク

シーバスリールのサイズ(番手)は?

シーバスリールのサイズ(番手)についてご紹介します。

サイズは、ロッドの長さに応じて選ぶとバランスがよいです。

バランスが取れていない組み合わせでは、非常に釣りにくいです。

目安は次のとおりです。

  • ロッドの長さが7~9フィートなら2500~3000番
  • ロッドの長さが9~11フィートなら3000~3500番
  • ロッドの長さが11フィート~なら4000番

3000番のリールを購入しておくと、いろいろなロッドで使えます。

シーバスのリールのギア比は?

シーバスのリールのギア比についてはどうなのでしょうか?

ハイギアタイプは、ハンドル1回転で巻き取れる量が多いので、速巻きに適しています。

ローギアタイプは、巻き取り量は少ないですが、パワーがあるので、重いルアーでも楽々巻き取れます。

ノーマルタイプは、この2つの中間と考えるとよいです。


基本的には、どのようなギア比のリールでも問題はありません。

巻く速さや使うルアーの重さやで決めるとよいです。


他には、ドラグ力や耐久性、軽さなども重要です。

最低でも、1万円以上のリールを購入するようにします。

あまりにも安いと、これらの条件をクリアしていないことが多いです。

シーバス釣りで使うリールのおすすめ

シーバス釣りで使うリールのおすすめについてご紹介します。

  • ダイワ イグジスト LT4000-CXH
  • ダイワ モアザン 3012H
  • シマノ エクスセンス 4000M XG
  • シマノ ステラ C3000


リールの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事