シーバスのシーズナルパターンには稚鮎パターンもあります。

文字どおり、シーバスが稚鮎を積極的に捕食している時に有効な釣り方です。

ここでは、シーバスの稚鮎パターンのルアーなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバスの稚鮎パターンの時期

シーバスの稚鮎パターンの時期についてご紹介します。

鮎は、9~2月に下流域の浅瀬で産卵を行います。

稚魚は、河口域や海で成長します。

そして、春(3~5月)になると、上流域へ遡上を開始します。

地域によって時期は異なります。

この頃になると、体長は6cm前後になります。

稚鮎パターンでは、これぐらいの大きさの稚鮎を追ってやって来るシーバスを狙います。

当然ですが、鮎が遡上しない河川では行えないパターンです。

雨が降った後は、水位が上昇して濁るので、シーバスを狙うのに最適です。


比較的流れの速めのところでは、小・中型のシーバスが稚鮎を捕食します。

一方の大型は、淀み付近で稚鮎を待ち構えて捕食します。

スポンサーリンク

稚鮎パターンでおすすめのルアーは?

シーバスの稚鮎パターンでおすすめのルアーについてご紹介します。

夜は、表層付近に稚鮎が集まるので、あまり潜らず、水面直下を引いてこられるルアーがよいです。

おすすめは、フローティングミノーです。

稚鮎の大きさに近い6~9cmぐらいがぴったりです。

大きくても12cmぐらいまでです。

ススム
シンキングペンシルも効果的です。

シーバスの稚鮎パターンのポイント

シーバスの稚鮎パターンのポイントについてご紹介します。

稚鮎パターンのポイントでおすすめなのは河口や河川です。

稚鮎は遡上するために河川にやって来るためです。

漁港などでも狙えます。

潮目ヨレを攻めてみるとよいです。

シーバスの稚鮎パターンのルアー

夜は、常夜灯周辺浅場に稚鮎が集まるので好ポイントとなっています。

日中は、遡上する稚鮎をシーバスが追いかけます。

そのため、日中にもチャンスはあります。

シーバスの稚鮎パターンの釣り方のコツ

シーバスの稚鮎パターンの釣り方のコツについてご紹介します。

最初に注意すべきことがあります。

シーバスが遡上する稚鮎を狙っている場合は、必ずルアーの頭を上流の方に向けて誘うようにします。

稚鮎がそちらを向いて泳いでいるためです。

まったく異なる方向を向いていると、シーバスに違和感を与えます。


日中は、ルアーをキャストした後、少し速めに引いてくるとよいです。

ルアーを見切られないようにするためです。

トゥイッチストップ&ゴーを入れると効果的に誘えます。

夜は、表層付近をゆっくり引いてくるとよいです。

当たりがなければ、レンジを下げていきます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事