ショアジギングの人気が高いです。

オフショアに比べると、気軽に釣りに行けるのがよいです。

最近は、ライトロックショアジギングにも注目が集まりつつあります。

ここでは、ライトロックショアジギングのタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ライトロックショアジギングとは

ライトロックショアジギングについてご紹介します。

ライトショアジギングと言えば、堤防やサーフがフィールドとなることが多いです。

しかし、もおすすめのフィールドです。

ライトロックショアジギングとは、礒で行うライトショアジギングのことです。

礒は魚種が豊富で、ショアジギングの初心者に最適です。

青物やシイラなどの回遊魚をはじめ、マダイやハタ類などの根魚、シーバスなどいろいろ釣れます。

ライトロックショアジギングのタックルと釣り方 【礒】
スポンサーリンク

ライトロックショアジギングのタックル

ライトロックショアジギングのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

ライトロックショアジギングのタックルと釣り方 【礒】

ロッド

ロッドは、ショアジギング専用ロッドを使います。

シーバスロッドでも使えなくはありませんが、ややパワー不足です。

適合ジグウェイトはMAX60~80gのものがおすすめです。

ミドルクラスでも、ロックショアジギングを楽しめることがあります。

使用するジグの重さやターゲットのサイズで選びます。

長さは10フィート前後です。


リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは4000番がおすすめです。


ライン

ラインはPEの1.5~2号前後を使います。

細い方が飛距離が出て、潮の影響を受けにくいです。

大物狙いなら、少し太めにしておきます。

200m以上巻いておきます。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの30~40lbを使います。

根ズレ対策で長め(3~4m)にすることがありますが、長いと飛距離が出ません。

飛距離重視なら1ヒロ[/color]ほどでよいです。


ジグ

ジグはショートタイプがおすすめです。

重さは30~60gを使います。

メインは40gです。

狙う水深や潮の速さなどによって変わります。

浅くて流れが緩やかであれば軽め、深くて流れが速ければ重めを使うのが基本です。

日中の澄んだ潮にはナチュラルカラーがおすすめです。

ライトロックショアジギングのポイント

ライトロックショアジギングのポイントについてご紹介します。

まず、海面の状況を確認します。

潮目潮の流れのヨレがあれば好ポイントとなります。

他には、ボイル鳥山がないかを探します。

次に、海中も確認します。

沈み瀬など底に変化が見られるポイントは狙い目です。

そのような場所には、カンパチやマダイ、根魚がいることが多いです。

ライトロックショアジギングの釣り方

ライトロックショアジギングの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストし、底を取ります。

着底すれば、誘い始めます。

基本は、中層付近までジャークで誘い上げて底まで落とし込みます。

これを繰り返します。


激しく誘わず、緩めのジャークがよいこともあります。

ただ巻きストップ&ゴーが効果的な場合もあります。


狙う魚によって攻め方が異なります。

シイラカツオを狙うのなら、表層付近を速巻きで引いてきます。

カンパチを狙うのなら、根回り付近でジャーク&フォールただ巻きなどで誘います。

マダイを狙うのなら、ゆっくりとしたピッチでジャークします。


ライトロックショアジギングは非常に根掛かりが多いです。

根掛かりを防止するため、初めてのポイントでは底を取り過ぎないようにします。

着底よりも少し早めに、シャクるように心掛けます。

きちんと地形を把握することが重要です。


アタリがあれば、すぐに合わせます。

フッキングしたら、多少強引になってもよいので、根に潜られないように底から引き離します。

ただし、無理をしすぎると、ラインブレイクしてしまいます。

ライトロックショアジギングでもっとも難しいのはフッキング直後のやり取りです。

魚を寄せてきても、何が起こるのか分からないので最後まで気を抜かないようにします。

ライトロックショアジギングの装備

ライトロックショアジギングの装備についてご紹介します。

ライトロックショアジギングを楽しむ上で、装備は非常に重要です。

堤防での釣りなら、ライフジャケットさえ着用しておけばOKというイメージが強いです。


礒での釣りは、堤防よりも危険度が高いです。

足場が悪いので、転倒するおそれがあります。

足を滑らせないために、スパイクシューズを履くようにします。

転倒時など手が礒に触れると、ケガをしてしまうことがあります。

それを防止するために、グローブの着用は必須です。


もちろん、命を守るためにライフジャケットを着用しなければなりません。

ただ、礒では固形式がおすすめです。

膨張式は、落水時に岩などで穴が空いてしまうことがあります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事