ショアジギングでいろいろな魚を釣ることができます。

ターゲットは、イナダやワラサ、ヒラマサ、カンパチといった青物がメインとなることが多いです。

大型が喰ってくることもあります。

ここでは、神奈川県のおすすめのショアジギングポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

【ショアジギングの神奈川のポイント】江の島裏磯

人気観光地の江の島の裏に地磯があります。

ショアジギングで定番の有名ポイントとなっています。

ポイントまでは行くのは少し大変です。


磯は平らなので釣りやすいです。

磯の突き出たところがおすすめです。

足元は滑りやすいので注意が必要です。

手前から水深6~8mと深くなっています。

沖は砂地で水深12~14mほどあります。

潮通しがよく、潮目があれば狙っていきます。


このポイントでは、ワカシやイナダ、ショゴ、サバ、スズキ、シイラ、メッキなどが狙えます。

青物は、ジグを底まで沈めた後、タナを広範囲に探っていきます。

活性が低い場合は、ゆっくりめの誘いが効果的です。


アカハタやオオモンハタなどのハタ類もよく釣れます。

底を中心として、スローな誘いでジグをアピールします。


スポンサーリンク

【ショアジギングの神奈川のポイント】ふれーゆ裏

鶴見川の河口付近に高齢者保養研修施設ふれーゆがあります。

ふれーゆの裏は釣り場となっています。

柵が設置されており、足場もよいことからファミリーフィッシングで人気のポイントです。

手前から沖の方に向かってカケアガリになっています。

このポイントでは、アジやサバ、カマス、カサゴ、メバル、イナダ、タチウオなどが狙えます。


3~10gのジグを使えば、いろいろな魚種を釣ることができます。

アジやサバなどを狙うのなら、中層を中心に誘いながら巻いてくるとよいです。

根魚なら、足元でのリフト&フォールが効果的です。

イナダは、に回遊してきたタイミングで釣りに行かなければなりません。

また、夏~冬にかけてはタチウオがジギングで狙えます。


【ショアジギングの神奈川のポイント】国府津海岸

国府津海岸は、都心からのアクセスがよいポイントです。

このポイントは広大なサーフで、多くの釣り人が詰めかけます。

人気が高いので、夜明け前から釣り場を確保しないと釣ることができません。

手前にカケアガリがあります。

潮通しがよく、潮目を意識するとよいです。


ここでは、ワカシやイナダ、ワラサ、ショゴ、サバ、ヒラメ、マゴチ、タチウオ、スズキ、カマスなどが狙えます。

シーズンごとにさまざまな魚が釣れます。

5月頃からワカシやショゴが釣れ始めます。

この時期は小型のジグやジグサビキが有効です。

夏~秋にかけてはイナダが釣れます。

10月以降の寒い時期は、ワラサなどの大型青物が狙えます。


【ショアジギングの神奈川のポイント】福浦南岸壁

福浦南岸壁は、横浜市金沢区の埋立地にあります。

八景島シーパラダイスの対岸に位置します。

このポイントは潮通しがよいです。

手前にカケアガリがあり、沖の方が深くなっています。


ここでは、夏~秋にかけてタチウオ釣りが人気です。

タチウオの魚影が濃いです。

夜間は電気ウキ釣りをする人が多いです。

日中はジグで狙うとよいです。

朝夕マズメが狙い目です。


他には、イナダやサワラ、サバなどが釣れます。

ただし、タチウオ以外はそれほど期待できません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事