ショアスロージギングという釣りをご存じでしょうか?

少し前から行われているジギングの新たな釣り方の1つです。

ここでは、ショアスロージギングのタックル(仕掛け)とやり方(釣り方)についてご紹介します。

スポンサーリンク

ショアスロージギングとは

ショアスロージギングとは、どのような釣り方なのでしょうか?

今流行りの船のスロージギングのおかっぱりバージョンです。

スロージギングなので、青物のジギングのようには激しくは誘いません。

メタルジグ(以下、ジグ)をシャクり上げて、フォールで喰わせます。

いかにフォールで喰わせるかが魅力の1つです。

ススム
体力に自身がない人や女性でも楽しめます。

ショアスロージギング タックル

ショアスロージギングの仕掛けについてです。

ショアスロージギング タックル
スポンサーリンク

ショアスロージギングのロッドのおすすめ

ライトタックルがよく使われます。

ショアスロージギング用のロッドがおすすめです。

ショアスロージギングはジグをシャクッて、フォールで喰わせる釣りです。

そのため、ロッドにはしっかりと当たりの取れる穂先の柔らかさと、ジグを持ち上げることができるバッドの強さが求められます。

ロッドの長さは、9フィート以上がよいです。

長いほど、ジグを大きく持ち上げられて、大きくフォールせせることができるためです。

ショアスロージギングのリールのおすすめ

リールは、スピニングリールを使います。

ショアスロージギングもキャスとして誘って釣るので、バックラッシュがないスピニングリールを使った方がよいです。

サイズは、2500~3000番が使いやすいです。

思った以上に大きな魚が喰ってくることがあるので、ドラグ性能の優れたものが安心して使えます。

ショアスロージギングのライン・リーダーのおすすめ

ラインは、PEを使います。

ターゲットによって、太さは変わります。

キジハタ(アコウ)など比較的大きな魚を狙うのであれば、3~4号を巻いておきます。

カサゴなど比較的小さな魚を狙うのであれば、0.3~0.8号を巻いておきます。

対象魚によって、号数を替えるとよいです。

リーダーには、フロロカーボンを使います。

号数は、使用するPEの太さによって異なります。

ちなみに、PEの3~4号に対しては4~5号、PEの0.3~0.8号に対しては1~2号をセットします。

長さは、1~2mセットすればよいです。

ショアスロージギングのジグのおすすめ

(ショア)スロージギング用のジグを用意します。

ジギング用のジグとは形状が異なります。

スロージギング用のジグは、丸みがあって平べったいです。

フォール時は、木の葉がひらひら落ちていくように沈んでいきます。

重さは、5~30gのものを使います。

潮の速さなどによっては、これ以外のものを使うことがあります。

ショアスロージギングの釣り方

ショアスロージギングの釣り方(アクションなど)についてご紹介します。

ショアスロージギングは、通常のジギングとはまったく異なった釣り方です。

通常のジギングは、ロッドを激しくシャクッて、ガンガン巻き上げて喰わせます。

しかし、ショアスロージギングはそういった釣り方はしません。


釣り方は、次のとおりです。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

着底後、すぐにシャクり始めます

すぐにシャクり始めないと、根がかりしてしまうためです。


何回かゆっくりシャクりながら巻き上げて(ジャーク)、底まで沈めます(フォール)。

何回シャクり上げるかは、狙うターゲットによって異なります。

底付近にいるロックフィッシュなら、2~3回ぐらいでよいです。

中層付近を泳ぐ魚なら、中層までシャクリ上げます。

ただ巻きして沈めるだけでもよいです。


基本はフリーフォール(ラインを張っていない状態で沈めること)ですが、テンションフォール(ラインを張った状態で沈めること)の方が当たりを取りやすいです。

どちらの反応がよいかを確認します。


スロージギングだからと言って、必ずしもゆっくりシャクり上げるわけではありません。

鋭くシャクり上げても、ジグは上に跳ね上がるのではなく、横に跳ねるだけです。

(ショア)スロージギング用のジグは、そのような構造になっています。


当たりがあればすぐに合わせます。

わかりにくい当たりが多いので、違和感があれば、とにかく合わせてみるとよいです。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事