マハゼ釣りをしていると、ウロハゼがよく釣れます。

ウロハゼとは、どのようなハゼなのでしょうか?

なかなか専門で狙う人はいません。

しかし、専門で狙ってみると意外と面白いです。

特にルアー釣りがおすすめです。

ここでは、ウロハゼ釣りのルアー仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ウロハゼとは

ウロハゼは、スズキ目ハゼ科に属する魚です。

地域によっては、オカメハゼ、クロハゼ、カワハゼなどと呼ばれています。


新潟県や茨城県以南の本州・四国・九州に生息しています。

汽水域や内湾などでよく見られます。

砂底よりも岩場などを好みます。

成長すると、20cmを超えます。

日本産のハゼとしては大きいです。

立派なを持っています。


ウロハゼは食べることができます。

岡山県などでは食べられています。

ウロハゼの旬はです。

ちなみに、マハゼの旬は飽きとなっています。

スポンサーリンク

ウロハゼとマハゼの違い

ウロハゼとマハゼの違いについてご紹介します。

ウロハゼとマハゼは、外見が非常によく似ています。

見分け方を知らなければ見分けが付きません。

ウロハゼ釣りの仕掛けと釣り方

ウロハゼの方が太短い体形をしています。

アゴや尻尾にも違いがあります。


アゴ

ウロハゼは、下アゴが上アゴより前に出ています。

マハゼは、同じくらいの位置です。


尻尾

ウロハゼの尻尾は、黒っぽくて模様が入っていません。

マハゼの尻尾には、縦に縞模様が入っています。

ウロハゼ釣りの仕掛け

ウロハゼ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ウロハゼ釣りの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドは、メバルプラッキング用ロッドを使います。

長さは7~8フィートです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは、2000番前後がおすすめです。

ライン

ラインは、PEの0.6号を使います。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5~2号を使います。

潮位が高い時は1.5号がおすすめです。

ルアー

ルアーはメバル用のミノーやバイブレーション、ブレードジグを使います。

カラーは、フラッシングの強いホログラム系が効果的です。

ウロハゼ釣りのポイント

ウロハゼ釣りのポイントについてご紹介します。

ウロハゼを狙うのなら、汽水域内湾がおすすめです。

マハゼと同じような場所で釣れます。

ただし、マハゼは底が砂や泥を好みますが、ウロハゼは岩場を好みます。

そのため、ウロハゼを狙いたいのであれば岩場などを狙います。

岩の隙間や敷石の隙間などに隠れています。

ウロハゼ釣りの釣り方

ウロハゼ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、ルアーを狙ったポイントへキャストします。

マハゼなら底付近を狙います。

しかし、ウロハゼは必ずしも底ギリギリを狙う必要はありません。

ウロハゼは巣穴から、上を見てエサを探しています。

エサを見つけると、底から50cmほど離れていても捕食します。

そのため、根掛かりしやすい底を狙わなくてもよいのです。

ルアーは底から50cmほど上を誘ってきます。


ルアーによって、若干釣り方が異なります。

ミノー

ミノーはトゥイッチした後に止めます。

この誘いがよく喰います。


バイブレーション

バイブレーションは、基本的にはただ巻きで引いてきます。

活性が高い時は、少しくらい速く巻いても喰ってきます。


ブレードジグ

ブレードジグは、基本的にはただ巻きでOKです。

巻く速さは、そのレンジをキープできる速さでよいです。


アタリがあれば、すぐに合わせます。

ウロハゼは、エサを咥えたらすぐに巣穴に戻る習性があります。

ルアーを巻いている時は潜られにくいですが、ミノーで止めている時は潜られやすいので注意が必要です。

潜られるとバレてしまうことが多いです。

フッキングすれば、一定の速さで巻いてくればよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事