タチウオは人気の釣りなので、釣り方は豊富にあります。

最近は、テンヤやルアーで釣る人が多いです。

しかし、昔から行われているウキ釣りも負けてはいません。

ウキ釣りは、針にエサを付けて、ウキで当たりを取るシンプルな釣りです。

シンプルですが、非常に面白い釣りです。

スポンサーリンク

タチウオのウキ釣りの時期・時間帯

タチウオは、6~1月まで狙うことができます。

それ以外の時期は、おかっぱりから釣ることは難しいです。

タチウオは、沖の方の深場に落ちてしまうためです。

9~11月がベストシーズンです。

数釣りが楽しめるので、初心者におすすめです。

大型を狙いたいのであれば、もう少し寒くなってからの方がよいでしょう。

タチウオのウキ釣り仕掛け

おすすめの時間帯は夜間です。

先ほども述べましたが、暗くなると接岸してくるためです。

もっとも活性の高い時間帯は、朝マズメと夕マズメの前後です。

そのため、夕方から夜間、夜間から早朝のどちらかに釣りに行くとよいです。

常夜灯周辺は明るいので、ベイトを求めて一晩中タチウオが集まっていることがあります。

スポンサーリンク

タチウオのウキ釣りで使う竿のおすすめ

タチウオのウキ釣りには、2~3号の磯竿波止竿などがよく使われます。

当たりを取りやすくてバレにくい竿がおすすめです。

穂先が柔らかくて、バットがしっかりしているものが理想です。

長さは、4~5mぐらいがよいです。

タチウオのウキ釣りで使うリールのおすすめ

リールは、キャストしやすいスピニングリールを使います。

大きなリールは不要です。

2500~3000番ぐらいが使いやすいです。

タチウオのウキ釣りで使うラインのおすすめ

ラインには、PEを使うとよいです。

0.4~0.8号を巻いておけば十分です。

ナイロンでも問題ありません。

4~5号を目安にするとよいでしょう。

タチウオのウキ釣りで使うウキのおすすめ

ウキ釣りは夜に行うので、電気ウキを使います。

サイズは、2~3号がおすすめです。

遊動タイプの仕掛けにして使います。

タチウオのウキ釣りで使う針・ハリス

仕掛けは市販のものを購入するとよいです。

ワイヤータイプナイロンタイプのものがあります。

ワイヤータイプは、切れにくい代わりに喰いが悪くなることがあります。

ワイヤーを使うと、エサが不自然な動きになるのでしょう。

そのような場合は、ナイロンタイプに交換します。

切られてしまうリスクはありますが、喰ってこないことには釣れないので仕方がないと割り切るしかありません。

両タイプの仕掛けを用意するようにしましょう。


ケミホタルを付けて、アピール力を高めるようにします。

ただ、仕掛けをよく切られるのであればなしでもOKです。

タチウオのウキ釣りで使うエサ

タチウオのウキ釣りには、キビナゴがよく使われます。

最近は、集魚効果のあるエキスに漬けたものなどいろいろあります。

サンマの切り身イワシでもOKです。

タチウオのウキ釣りのタナとポイント

タチウオは、暗くなると接岸してきます。

明るいうちは、近くで釣っても釣れません。

遠くまでキャストして、沖の方を狙うようにします。

ウキ釣りの本番は、暗くなってからです。

暗くなると、軽くキャストするだけでよいです。


タナについても、明るいうちと暗くなってからとでは異なります。

明るいうちは、できるだけ底付近(深場)を狙います。

暗くなると、浮いてくるので、水面付近(1~3m)でも釣れます。


夜釣りなら、近くの水面付近を狙うようにします。

釣れなければ、少し遠めを狙ったり、タナを深くするようにして探ります。

タチウオのウキ釣りの釣り方とコツ

タチウオのウキ釣りの釣り方についてご紹介します。

基本的には、狙ったポイントへキャストしてそのまま待てばよいです。

当たりがあれば、合わせます。

タチウオのウキ釣り仕掛け

1つ注意することがあります。

ウキがいきなり海中に消えてしまうようなわかりやすい当たりは少ないです。

このような当たりがあれば、すぐに合わせればよいです。

横に走るような当たりでも合わせます。


しかし、実際は小さな当たりが続くだけで、なかなか喰い込んでくれないことが多いです。

小さな当たりがあれば、糸ふけを取っておきます。

こうすることで、今だと思った瞬間に合わせることができます。

ただ、早合わせすると、フッキングしないことが多いです。


明確に喰い込んでくれない時は、ラインを張って重みがあるかを確認してみます。

重みを感じれば、タチウオが喰いついている可能性が高いので合わせるとよいです。

合わせるタイミングに正解はないので、自分のタイミングで合わせるしかありません。

試しに合わせてみて、その結果からどのタイミングで合わせればよいかを掴むしかありません。


当たりがなければ、何回かシャクッて巻いてきます。

積極的に動かした方がよいこともあります。

ラインを出して潮に乗せて流してもよいです。

ススム
タナが合っていないと喰いません。

少しずつタナを下げていくのもよいです。

タチウオのかっ飛びボールを使った釣り方

最近では、ウキの代わりにかっ飛びボール(ハピソン)が使われることもあります。

かっ飛びボールは光るので、集魚効果が期待できます。

もちろん、ウキ同様当たりを確認することもできます。

最近流行ってきた釣り方です。


タナは、水面から1.5mぐらいまでを狙います。

あまりにも深すぎると、かっ飛びボールで当たりを確認できなくなります。


まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

着水後、かっ飛びボールが見えにくくなれば、何回かシャクりながらリールを巻きます。

かっ飛びボールが水面付近まで浮いてくれば、また沈めていきます。

見えにくくなれば、またシャクッて巻き上げます。

基本的には、これを繰り返します。


当たりがあってもすぐには合わせません。

早合わせは厳禁です。

グーッと持っていった時に合わせるようにします。

ただ、いつも明確な喰い込みがあるとは限りません。

そのような場合は、どこで合わせるかが勝負です。

なお、かっ飛びボールが横へ走った時は合わせるとよいです。

参考動画

タチウオのおすすめの釣り場

南芦屋浜西側石畳は、タチウオがよく釣れることで知られています。

シーズンになると、夜明け前からたくさんの釣り人に賑わいます。

南芦屋浜西側石畳は、兵庫県芦屋市にあります。

柵などはありませんが、比較的足場がよいので釣りやすいです。




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事