堤防などで人気のタチウオワインド。

ワインドでは、どのようなジグヘッドとワームを使えばよいのでしょうか?

ここでは、タチウオワインドのジグヘッドとワームの選び方・おすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオワインドのジグヘッド・フックの選び方

タチウオワインドのジグヘッド・フックの選び方についてご紹介します。

ワインドでは、ジグヘッドとワームを組み合わせたものを使います。

ジグヘッドと言えば、アジングやメバリングが有名ですが、タチウオ釣りにはそれらとは異なったワインド専用のジグヘッドを使います。

1/2~5/8オンスを使います。

カラーについては、シルバーが一般的です。

ゴールドは、水が濁っている時に効果的です。

タチウオワインドのジグヘッドとワーム

ジグヘッドに付けるフックについてです。

フックは、トリプルフック(1番または2番)がおすすめです。

アシストフックは、シングルタイプを使います。

スポンサーリンク

タチウオワインドのワームの選び方

タチウオワインドのワームの選び方についてご紹介します。

ワームは、ワインド専用のものがあります。

75~90mmのワームをジグヘッドにセットします。


ジグヘッドにワームをまっすぐセットしなければなりません。

そうしないと、しっかりとダートしてくれず、結果として喰いが悪くなってしまいます。

非常に重要なので、きちんと守りましょう。


カラーは、ホワイト系ピンク系が人気です。

最近では、発光タイプのワームが登場しています。

アピール力を考えると、発光タイプを使った方がよいです。

ケミホタルもよく使われます。

タチウオワインドのジグヘッドとワームなどのおすすめ

タチウオワインドのジグヘッドとワームなどのおすすめについてご紹介します。

ジグヘッド

  • メジャークラフト ジグパラヘッド BUN太
  • エコギア パワーダートヘッド
  • オンスタックルデザイン ZZヘッド シルバー


フック

  • スパークアシストフック
  • がまかつ ワインドトレーラー シングル タイプナノ


ワーム

  • メジャークラフト ワーム パラワーム DART
  • エコギア パワーダートミノー
  • オンスタックルデザイン マナティー


ジグヘッド・フック・ワームの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事