タチウオワインドは、キャストしては誘いながら巻いてくるを繰り返す釣りです。

リーダーによって切られやすかったり、釣れなかったりすることがあるかもしれません。

では、リーダーにはどのようなものを使えばよいのでしょうか?

ここでは、タチウオワインドのリーダーの太さ・長さとおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオワインドのリーダーの太さ・長さの選び方

タチウオワインドのリーダーの太さ・長さの選び方についてご紹介します。

ラインにPEを使った際には、(ショック)リーダーをセットするのが一般的です。

合わせ切れを防止するなどの効果があります。

タチウオワインドのリーダーの太さ・長さ

リーダーの話になると、いつも問題となるのがワイヤーリーダーを使うかどうかです。

ワイヤーリーダーを使うと喰いが悪くなるという人がいます。

こういった人はワイヤーリーダーを使いません。


正直なところ、絶対に喰いが悪くとなるとまでは言えません。

そのため、まずはワイヤーリーダーを使ってやってみるとよいです。

喰いが悪ければ、切られるのを覚悟の上でワイヤーリーダーを外します。

この辺りは自己判断で決めればよいです。


ワイヤーリーダーは、タチウオ釣りに対応したものが販売されています。

そういった商品を購入するとよいです。

長さは、10~20cm程度十分です。

これ以上長いものは必要ありません。


ワイヤーリーダーを使う場合にも、(ショック)リーダーは必要です。

フロロカーボンの4~5号0.5mほど使います。

ワイヤーリーダーに結びます。


ワイヤーリーダーを付けない場合は、もっと太い8号を使うとよいです。

これ以上太すぎると、喰いが落ちる可能性があります。

長さは、0.5~1mほどにしておきます。

スポンサーリンク

タチウオワインドのリーダーのおすすめ

タチウオワインドのリーダーのおすすめについてご紹介します。

ワイヤーリーダー

  • オーナー TF-W2 ワイヤーリーダー 10cm
  • オンスタックルデザイン 超サーベルワイヤー 75mm


(ショック)リーダー

  • クレハ シーガー プレミアムマックスショックリーダー
  • ヤマトヨテグス フロロショックリーダー フロロカーボン


リーダーの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事