ちょい投げ釣りでワームを使うことができます。

生きた虫エサが苦手な人はワームを使うとよいです。

ワームでもよく釣れます。

ここでは、ちょい投げのワーム釣りタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りの魅力

ちょい投げ釣りは、難しいテクニックは必要なく、手軽に行うことができます。

軽くキャストするだけなので、タックルはいろいろなものが使えます。

釣り方も非常にシンプルです。

初心者や女性でもすぐに行うことができます。

ちょい投げのワーム釣りでキスなどを狙う!タックルと釣り方は?

たくさんの種類の魚が釣れるのも魅力の1つです。

時期や釣り場にもよりますが、キス・カサゴ・ベラなどがよく釣れます。

釣り上げるまで、何が掛かっているのかがわからないのが楽しいです。

スポンサーリンク

ちょい投げのワーム釣りタックル

ちょい投げのワーム釣りタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

ちょい投げのワーム釣りでキスなどを狙う!タックルと釣り方は?

竿

竿は、エギングロッドシーバスロッドを使います。

他には、コンパクトロッドなどでもOKです。

使用するオモリの重さのもの(10~15号など)をキャストできればよいです。

硬すぎると釣りにくいです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

2000~3000番がおすすめです。

ライン

ラインは、PEの0.8号前後を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの2号を使います。

長さは3mほどです。

天秤

天秤は片天秤を使います。

オモリ

オモリはナス型オモリの3~8号を使います。

針は、キス針の6~8号を使います。

2~3本針がおすすめです。


市販の仕掛けを使うと便利です。

仕掛けによっては、天秤やオモリもセットになっているものがあります。

初心者は、セットになったものを使うとよいです。

ちょい投げ釣りで使うワーム

ちょい投げ釣りで使うワームについてご紹介します。

マルキューの「パワーミニイソメ(中)」などのワーム(人工エサ)を使います。

ワームは通し刺しで付けます。

1本そのままを付けてもよいです。

状況によっては、タラシを短くします。

カラーによって喰いが変わることがあります。

何種類か用意しておきます。


アジングなどで使うワームでもよいです。

ただ、人工エサには魚が好むエキスが配合されていますので、普通のワームとは喰いが違います。

ちょい投げのワームでの釣り方

ちょい投げのワームでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

遠投する必要はなく、軽くキャストします。

底まで沈めます。

着底すれば、糸フケを取ります。

誘いは、非常にシンプルです。

さびいてくるだけです。

つまり、ゆっくり引いてきます。


さびいた後、少し止めて喰わせの間を与えてやります。

これを繰り返します。


さびき方は、次のとおりです。

リールを巻いてさびく方法があります。

しかし、おすすめは竿を動かしてさびく方法です。

竿を水平方向に動かすことで、仕掛けを引きます。

その後、竿を沖の方に戻しながら、弛んだラインを巻き取ります。


竿を動かしてさびいた方が、小さなアタリを取りやすいです。

特に初心者はアタリを見逃しやすいので、こちらの方法の方がよいです。


アタリがあれば、リールを巻き上げます。

これでも十分針掛かりします。

あとは、ゆっくり巻いてくればOKです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事