夏場のイメージが強いキス釣り。

ポイントや釣り方によっては冬場でもキスを釣ることができます。

ここでは、冬場のキス釣りの攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

冬場のキス釣りの釣り場

冬場のキス釣りの釣り場についてご紹介します。

12~2月の厳寒期は、おかっぱりからキスを狙うのは非常に厳しい時期です。

しかし、釣り場を選べば、キスを釣ることは可能です。


では、どのような釣り場に釣りに行けばよいのでしょうか?

水温の下がる冬場でも水温の変化が少ない深場(水深10m以上)や、黒潮の影響を受ける太平洋側がおすすめです。

サーフだけでなく、底が砂地であれば堤防などからも狙えます。

冬場に実績のある釣り場に釣りに行くのが間違いありません。

ただし、3月になると、さらに水温が低下するのでおかっぱりからは届かない深場に落ちてしまうことが多いです。

スポンサーリンク

冬場のキス釣りの仕掛け

冬場のキス釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

冬場のキス釣りの攻略法は?投げ釣りのコツは?

竿

竿は遠投性能に優れた投げ竿を使います。

感度のよいものがおすすめです。

キス専用竿なら間違いありません。

長さは4~5mです。


リール

リールは投げ専用リールを使います。

キスの繊細なアタリを逃さないよう、できるだけ軽いものを選びます。

重いと、アタリが取りにくいです。


ライン・力糸

ラインは、力糸が一体となった投げ用PEの0.6号を使います。


天秤

天秤は、遠投に向いているL型天秤を使います。

25号前後を使います。


ハリス・針

キス投げ専用の市販の仕掛けを使うとよいです。

ハリス:フロロカーボンの0.8~1号

針:5~6号

針はできるだけ細軸の軽い針の方がよいです。

針の数は5~8本です。

遠投する場合は5本にします。

冬場のキス釣りのエサ

冬場のキス釣りのエサについてご紹介します。

エサはイシゴカイを使います。

低水温期は、比較的大きめに刺す方が喰いはよいです。

2~3cmほどに切って針に刺します。

1匹掛でもOKです。


大型は、細めのアオイソメやマムシに好反応を示します。

そのため、大型が狙えるポイントに行く際には、それらを用意するようにします。

冬場のキス釣りの釣り方・コツ

冬場のキス釣りの釣り方・コツについてご紹介します。

まず、仕掛けを狙いのポイントへ遠投します。

水温の変化が少ない深場を狙います。

ただ、晴れの日には浅場の方が水温の上昇が早いので、波打ち際などの近いポイントで釣れることもあります。

良型はシモリ周辺にいることが多いです。

冬場のキス釣りの攻略法は?投げ釣りのコツは?

着底後、誘いをかけます。

低水温期は、キスの活性が低いです。

そのため、ゆっくり引いてこなければなりません。

最盛期のような速さで引いてくると、なかなか喰ってくれません。


ある程度巻くと、ステイさせます。

ステイさせる時間は長めにします。

状況にもよりますが、2~3分待ってもよいです。


アタリがあっても、そのまま引いてくればよいです。

キスは群れていることが多いので、うまくいけば連掛けできます。


どのポイントで釣れたのかを把握しておいて、再度同じポイントを攻めます。

そのようにすれば、釣果アップにつながります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事