キスの投げ釣りには、遠投する場合とちょい投げの場合があります。

リールは同じでよいのでしょうか?

飛距離がまったく異なるので、一般的には遠投する場合の方が大きいリールが必要になります。

ここでは、キス釣りのリール(遠投)の選び方やおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

キス釣りのリールの番手やサイズは?代用できるのは?

キス釣りで遠投するのなら、投げ釣り専用のスピニングリールがおすすめです。

専用リールは、大径・浅溝のロングスプールのため、道糸が放出する際の抵抗が抑えられます。

そのため、200m超などの超遠投ができるのです。

専用リールには、番手の表記がないものが多いです。

その代わりに、極細仕様や細糸仕様、太糸仕様といったタイプの異なるモデルを揃えている機種もあります。

一般的なサーフでは、PEの0.6~0.8号を使うので極細仕様(または細糸仕様)でよいです。

根の多いポイントで釣る場合は、太めのPEを使うので細糸仕様がおすすめです。

根の荒いポイントでは太糸仕様を使うこともあります。

ポイントの状況やターゲットなどによって選ぶとよいです。


専用リールの中から、ターゲットや予算などを考慮して選ぶと間違いありません。

普通のスピニングリールでもOKです。

4000番以上のスピニングリールなら使えます。

ただし、飛距離や釣りやすさなどにおいては専用リールに劣ります。

スポンサーリンク

キス釣りのリールのスプールストロークは?

スプールストロークとは、リールのスプールの直径のことです。

標準は35mmです。

遠投したいのであれば45mmがおすすめです。

スプールストロークが大きい方が遠投性能は高くなります。

しかし、その分自重が重くなってしまいます。

それほど飛距離を出さなくてもよい場合や少しでも軽い方がよい場合は、30mm25mmでもOKです。

キス釣りのリールの糸巻き量などは?

キス釣りで遠投したいのであれば、PEの0.6号を250m巻けるものがおすすめです。

これぐらいのキャパがないと少し不安です。

号数が異なっても、やはり250mは巻いておきたいです。


リールの自重は軽い方が投げやすいです。

重いとしっかり振り切れず、飛距離が伸びません。

軽いリールを使うと、疲れにくいです。

キス釣りのリールにドラグは必要?

キス釣りのリールにドラグは必要なのでしょうか?

キス自体はそれほど大きくなく、引きは強くないので、道糸を出してやり取りする必要はありません。

そのため、キスを専門で狙うのならドラグはなくても構いません。

ドラグレスタイプは軽いので釣りやすいです。

マダイなどの大型魚を狙うのであれば、ドラグは必須です。

ドラグレスタイプではやり取りが大変です。

キス釣りのリールのおすすめ(ダイワ・シマノ)

キス釣りのリールのおすすめについてご紹介します。

キス釣りのリール(遠投)のおすすめ!番手は?

ダイワ キャスティズム25 QD

キャスティズム25 QDは、遠投対応のリールです。

キャスト性能が高く、耐久性に優れています。

キスだけでなく、いろいろな魚種の釣りにも使えます。


ダイワ サーフベーシア45 15PE

サーフベーシア45 15PEは、19トーナメントサーフ45からさまざまな性能を受け継いだ投釣り専用リールです。

軽くてスムーズな巻き上げが可能となりましたので、今まで以上に快適な釣りができます。

飛距離がでやすく、高い耐久性能を誇ります。

PEの0.6号を巻くのなら06PEがおすすめです。


ダイワ ウインドサーフ 35 細糸

ウインドサーフ 35 細糸は、機能が充実した高性能なリールです。

滑らかな回転性能が持続されるので、長期間快適に巻き上げることができます。

マグシールドが搭載されているので、防水性・耐久性に優れています。


シマノ サーフリーダー CI4+ 35 極細仕様

サーフリーダー CI4+ 35 極細仕様は、高級感漂う本格的な投げリールです。

軽快でスムーズな巻き上げが可能となっています。

軽いのに、操作性や耐久性に優れています。


シマノ SAアクティブサーフ

SAアクティブサーフは、アルミスプールが採用された投げ専用リールです。

サビに強いので海釣りにも使用できます。

コストパフォーマンスに優れているので、初心者におすすめです。


シマノ フリーゲン 35 細糸仕様

フリーゲン 35 細糸仕様は、CI4+ローターが採用された根が専用リールです。

Xプロテクトの搭載により.高い防水性能を誇ります。

スムーズな巻き上げが可能なだけではなく、剛性・耐久性にも優れています。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事