ボートでキスを釣りに行く人が増えています。

ボートキス釣りは船釣りよりも、手軽なのがよいです。

キス釣りに興味があるのなら、是非チェンジしてみてもよいでしょう。

ここでは、ボートキス釣りの仕掛け(タックル)とコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

ボートキス釣りの時期

キス釣りと言えば、暑い時期というイメージが強いです。

もちろん、ボートキス釣りにおいても、暑い夏でもキスを釣ることができます。

夏だけでなく、年間を通して楽しむことができます。

ただし、好釣果が期待できるのは晩春~初夏となっています。

しかも、この時期は良型のキスを狙うこともできます。

ススム
時期については、場所や年によって異なります。

事前にキスの釣果情報を調べておくとよいでしょう。

ボートキス釣りの仕掛け(タックル)
スポンサーリンク

ボートキス釣りのタックルのおすすめ

ボートキス釣りのタックルのおすすめについてご紹介します。

基本的なタックルは、船釣りとそれほど変わりません。

ボート釣りの方が、若干ライトなタックルで釣りに臨めます。

ただし、場所によって異なる可能性があります。


タックルは次のとおりです。

ボートキス釣りの仕掛け(タックル)

竿

竿は、キス竿がおすすめです。

8:2~7:3調子のものが釣りやすいです。

柔らかめの方が喰い込みがよいです。

長さは、1.8~2mが扱いやすいです。


リール

リールは、スピニングリールがおすすめです。

ボートでの釣りなら、真下に沈めて釣るだけなのではと考えてしまいますが、意外とキャストして広範囲を探ります。

もちろん、軽くキャストするだけですが。

スピニングリールはバックラッシュしないので釣りやすいです。

サイズは、1000~2000番の小型で十分です。


ライン

ラインは、PEがおすすめです。

PEは細いものを使えるので、非常に感度がよく、当たりを取りやすいです。

号数は、0.8~1号を使います。

もちろん、フロロカーボンやナイロンの2~3号を使ってもよいです。

比較的浅いところでの釣りとなるので、100mも巻いておけば十分です。


リーダー

PEを使った場合は、リーダーをセットします。

リーダーは、フロロカーボンの2~3号を使います。

長さは、1ヒロほどでよいです。


天秤

天秤はキス用のものを使います。


針・ハリス

針は、キス針7~8号がおすすめです。

競技キス針を使った方が喰いがよいことがあります。

そのため、一般的な針だけでなく、競技キス針も用意しておくとよいでしょう。

2本針が使いやすいです。

ハリスは、フロロカーボンの2号がおすすめです。


オモリ

オモリは、5~10号を用意しておきます。

メインは、7~8号を使います。

ただし、潮が速い場合は10号以上を使うこともあります。

基本的には、底を取れる中でもっとも軽いものを使うようにします。

そうすれば、当たりを取りやすいです。

ボートキス釣りのエサ

ボートキス釣りのエサについてご紹介します。

エサは、イシゴカイがおすすめです。

基本的には、頭から刺していく1匹刺しがよいです。

エサがかじられているのに針掛かりしない時は、タラシを半分ぐらいにします。

そうすることで、針掛かりしやすくなります。


アオイソメでもよいですが、場所によってはあまり喰いがよくないようです。

どのエサがよいか事前に調べておくとよいです。

釣り用レンタルボートの種類

釣り用レンタルボートの種類についてご紹介します。

釣り用レンタルボートには、大きく分けると2種類あります。

  • 手こぎボート
  • エンジン付きボート

それぞれにメリットとデメリットがあります。

手こぎボート

レンタル料金が安いので借りやすいです。

手こぎなので、当然免許が不要です。

しかし、手でこがないと進まないので、体力がないと厳しいです。

風が強かったり、潮が速かったりすると大変です。


エンジン付きボート

エンジンが付いているので楽に進むことができます。

場所移動がスムーズにできます。

しかし、レンタル料金が高いです。

さらに免許が必要となります。

ただし、2馬力のボートであれば、免許なしでも操縦できます。

ススム
普通、ボートを操縦するには免許がいると思いますよね。

免許がなくても操縦できるボートがあるとは意外です。

免許がない人は、2馬力のボートにチャレンジしてもよいかもしれません。

ボートキス釣りの仕掛け(タックル)

ボートキスの釣り方

ボートキスの釣り方についてご紹介します。

釣り方には、2つあります。

  • 流し釣り
  • カカリ釣り

基本的には、どちらの釣り方でもよいです。

ただし、状況によって釣り方を変えるのが理想的です。

潮の流れがそれほど速くない時は、流し釣りがおすすめです。

逆に、潮の流れが速い時カカリ釣りがよいです。

キスが集まっているポイントを攻める時カカリ釣りです。

その場で船を固定すれば、ずっと狙い続けることができるためです。

流し釣りによるキスの釣り方

流し釣りとは、文字どおり船を流して釣る方法です。

まず、仕掛けを真下に沈めます。

軽くキャストしても問題ありません。

着底したら、仕掛けを20cmほど巻き上げます。

仕掛けを底に着けたままにしておくと、根がかりしてしまいます。

そうならいないように少し上げておきます。


船が流れていくので、どんどんポイントが変わってきます。

そのため、そのまま待っていればキスが喰ってきます。

ただ、底の地形も変わるので、適度に底を取り直さないといけません。

これを繰り返すだけです。

カカリ釣りによるキスの釣り方

カカリ釣りとは、アンカーを打って船を流さず釣る方法です。

基本的には、キャストして釣ります。

仕掛けが着底したら、仕掛けをゆっくり引いてきます。

仕掛けを底から浮かせないことを意識して釣るとよいです。

当たりがなければ、引いてくる速さに変化を付けるようにします。

途中でシャクリを入れてもOKです。


当たりがあれば合わせます。

強く合わせる必要はありません。

合わせても針がかりしない時は、竿先を下げて仕掛けを送り込んでやるとよいです。

ボートキス釣りの三重県のポイント

三重県のボートキス釣りのポイントについてご紹介します。

おすすめは、三重県矢口浦です。

矢口浦は、年中波が穏やかです。

そのため、寒い時期でもボートキス釣りを楽しめます。

「フィッシングつむら」というレンタルボート店があります。

こちらを利用すれば釣りに出ることができます。


基本情報

定休日:なし

レンタル料金:手こぎボート4,000円

2馬力ボート7,000円

30馬力14,000円

※他の種類のボートもあります

駐車場:あり(無料)

公式サイト:http://www.tsurisoku.com/fishingtsumura/






スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事