キス釣りと言えば、サーフから遠投して釣るというイメージが強いです。

しかし、堤防から軽くキャストして釣ることも可能です。

軽くキャストすることをちょい投げと言います。

ここでは、キスのちょい投げ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りのメリットは?

ちょい投げ釣りにはいくつかのメリットがあります。

キスのちょい投げ仕掛けと釣り方

釣り具の流用が可能

釣り具は、比較的いろいろなものが使えます。

遠投する場合は、遠投用の竿やリールが必要となります。

しかし、ちょい投げであれば軽くキャストするだけなので、他の釣りで使う竿やリールを流用できます。

初心者にも釣りやすい

初心者がいきなり遠投するのはかなり難しいです。

ある程度数をこなさないといけません。

しかし、軽くキャストするだけなら、少し練習すればできるようになります。

初心者が投げ釣りを始めるのにぴったりです。

スポンサーリンク

キス釣りのちょい投げ仕掛け

キス釣りのちょい投げ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

キスのちょい投げ仕掛けと釣り方

竿

竿はコンパクトロッド万能竿を使います。

ちょい投げ釣りにはいろいろな竿を流用できます。

そのため、エギングロッドといったルアーロッドなどでもOKです。

ただし、硬すぎるとアタリを取れないので非常に釣りにくいです。

オモリ負荷が10~15号の竿を選ぶとよいです。

長さは2~3mが扱いやすいです。

リール

リールは小~中型のスピニングリールを使います。

サイズは2500~3000番がおすすめです。

道糸

道糸はナイロンの3~4号を使います。

0.6~0.8号のPEでもOKです。

100m以上は巻いておきます。

天秤

天秤はジェット天秤をを使います。

5~10号でOKです。

小型のL型天秤ナス型オモリの5~10号を組み合わせてもよいです。

仕掛け

仕掛けは市販のちょい投げ仕掛けを使います。

針が7~8号ほどものを選ぶとよいです。

キスのちょい投げ釣りのポイント

キスのちょい投げ釣りのポイントについてご紹介します。

ちょい投げ釣りは潮通しのよい堤防がおすすめです。

キスは砂地を好むので、近くに砂地が広がっていれば期待できます。

砂浜に隣接した堤防は好ポイントです。


カケアガリ付近にキスはいます。

カケアガリを狙っていくとよいです。

仕掛けを引いてきて、重く感じた場所はカケアガリです。

キスのちょい投げ釣りのエサ

キスのちょい投げ釣りのエサについてご紹介します。

エサはアオイソメイシゴカイが定番です。

通し刺しにします。

タラシは1~2cmが目安です。

虫エサが苦手な人は人工エサがおすすめです。

キスのちょい投げ釣りの釣り方

キスのちょい投げ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

ちょい投げ釣りなので、軽くキャストするだけでよいです。

仕掛けが着底すれば、糸ふけを取ります。

基本的には仕掛けを引いてくるだけです。

キスのいる場所を探ります。

カケアガリがあれば、そこで止めてアタリを待ってもよいです。


仕掛けが近くまで寄ってくれば回収します。

先ほどとは異なるポイントへキャストします。

広範囲を探っていきます。


キスが喰ってくれば、穂先が小刻みに叩かれます。

手元にもアタリが伝わってきます。

基本的には向こう合わせでOKです。

針に掛かれば、一定の速さでリールを巻きます。


キスは群れていることが多いです。

そのため、アタリがあったポイントを再び狙います。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事