引きが強く、釣りごたえのあるソウダガツオ。

ソウダガツオはおいしい魚です。

ルアーに好反応を示すことから、ルアー釣りのターゲットとして知られています。

ここでは、ソウダガツオのルアータックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ソウダガツオ釣りの時期・時間帯

ソウダガツオ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

ソウダガツオは海水が比較的暖かい時期によく釣れます。

夏~秋がおすすめです。

7~12月頃に釣りに行くとよいです。


おすすめの時間帯は朝マズメ~日中にかけてです。

明るい時間帯によく釣れます。

ソウダガツオのルアー釣り!ショアジギングタックルと釣り方
スポンサーリンク

ソウダガツオのルアータックル

ソウダガツオのルアータックルについてご紹介します。

中でも、ジグを使ったジギングがおすすめです。


タックルは次のとおりです。

ソウダガツオのルアー釣り!ショアジギングタックルと釣り方

ロッド

ロッドはシーバスロッドを使います。

MLクラスが釣りやすいです。

ジグの重さによって硬さを選ぶとよいです。

エギングロッドでもOKです。

長さは8~9フィートです。

リール

リールは中型のスピニングリールを使います。

サイズは3000番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.8~1号を使います。

150mほど巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの4~5号を使います。

長さは1.5mです。

ルアー

ルアーはジグを使います。

重さは8~30g前後を用意しておきます。

メインで使うのは20g前後です。

遠投する場合や深場を狙う場合は30g前後を使います。


時間帯によって、サイズを使い分けると効果的です。

朝マズメは比較的大きめでもよいですが、日が昇ると見切られてしまいます。

小さめに交換した方がよいです。


※ジグの上にサビキ仕掛けを付けるジグサビキもおすすめです。

効率よく釣っていくことができます。

ソウダガツオのルアー釣りのポイント

ソウダガツオのルアー釣りのポイントについてご紹介します。

おすすめのポイントは外海に面した堤防や漁港です。

それらの外側に深場が隣接していると、かなり期待できます。

ソウダガツオが回遊してくると、鳥山やナブラが立ちます。

鳥山やナブラを見つけたら、その周辺を狙います。

ソウダガツオのルアーでの釣り方

ソウダガツオのルアーでの釣り方についてご紹介します。

まず、ルアーを狙ったポイントへキャストします。

狙うレンジは表層~中層です。

任意のレンジまで沈めた後に誘い始めます。


基本的にはただ巻きで喰ってきます。

巻く速さは中速~高速です。

活性の高いソウダガツオほど速く巻いた方が反応がよいです。

喰ってこなければ、巻く速さを変えます。

遅すぎると見切られやすいので、注意が必要です。

巻いてくる時にロッドを小刻みに動かすと、喰い気がアップする場合があります。

フォールを入れるのも効果的です。

特に、中層を引いてくる場合は浮いたジグを沈めるために、長めのフォールを入れることがあります。

浅いレンジを引く場合は短めのフォールでよいです。


ただ巻きで反応がなければ、リフト&フォールで誘うとよいです。

ジグを任意のレンジまで沈めた後、ジグを持ち上げては沈めます。

これを繰り返しながら、ジグを手前に引いてきます。


アタリがあれば、しっかり合わせます。

無理は禁物です。

慎重にやり取りしながら巻いてきます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事