メバルのルアー釣りと言えば、ジグ単の人気が高いです。

しかし、ミノーやシンキングペンシルなどのルアーが使われることもあります。

スピンテールジグもおすすめです。

ここでは、スピンテールジグを使ったメバルの攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

スピンテールジグとは?

スピンテールジグ最大の特徴はブレードです。

スピンテールジグを引いてくると、ブレードが回転してキラキラ光ります。

フラッシングで魚にアピールします。

スレを抑える効果も期待できます。


シルエットは小さいです。

しかし、重さがあるので飛距離が出やすく、深場を探ることも可能です。

潮の速いポイントでも役に立ちます。

ジグ単よりも手返しよく、広範囲を探るのに適しています。

メバルをスピンテールジグで狙う際の攻略法は?
スポンサーリンク

スピンテールジグがおすすめな状況とは?

スピンテールジグはデイゲームにおすすめのルアーです。

メバルはブレードのフラッシングに反応して喰ってきます。

もちろん、ナイトゲームでも使うことは可能です。

メバルの活性が高い時に威力を発揮します。

ただ、メバルが浮いていない時がよいです。

レンジを下げながら誘っていきます。

もしメバルが浮いている場合は、シンキングペンシルの出番です。

メバルの活性が低い時はワームがおすすめです。

【メバル】スピンテールジグを使ったタックル

メバルをスピンテールジグで狙う場合のタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

メバルをスピンテールジグで狙う際の攻略法は?

ロッド

ロッドはメバリングロッドを使います。

ルアーを引いてくる際に強い引き抵抗が生じるので、パワーのあるロッドがよいです。

ベリーに張りがある方がアタリを取りやすく、フッキングさせやすいです。

12g前後までのルアーを扱えるものがおすすめです。

長さは8フィートほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.4号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの1.5~2号を使います。

ルアー

ルアーはスピンテールジグを使います。

4~7g前後をがおすすめです。

ポイントまでの距離や水深、ベイトのサイズによって選びます。

【メバル】スピンテールジグで釣る際のポイント

メバルをスピンテールジグで釣る際のポイントについてご紹介します。

堤防では、ある程度水深があって潮通しのよいポイントがおすすめです。

消波ブロック帯が好ポイントです。

潮目が発生していれば狙い目です。

磯では、沖にカケアガリがあり、ベイトがたまっていればかなり期待できます。

シモリが点在しているようなポイントが狙い目です。

【メバル】スピンテールジグでの釣り方

メバルをスピンテールジグで狙う場合の釣り方についてご紹介します。

まず、ルアーを狙ったポイントへキャストします。

任意のレンジまでカーブフォールで沈めれば誘い始めます。

基本的にはただ巻きでOKです。

ナイトゲームよりも少し速めに巻きます。

ルアーがバランスを崩さない程度の速さでないといけません。

トゥイッチなどの余計なアクションは入れない方がよいです。

アクションを入れるとスレやすいためです。


ルアーを引いてくるレンジのキープが重要です。

反応がなければ、底を取り直すとよいです。


ただ巻きだけでも十分釣れます。

ただ、アタリがないこともあります。

その時は、ただ巻きの中にカーブフォールを入れると効果的です。

カーブフォール時に喰ってくることがあります。

カーブフォール後、再度ただ巻きでルアーを引いていきます。


アタリがあれば合わせます。

フッキングすれば、ゆっくり巻いてきます。

ラインを緩めなければバレにくいです。

おすすめのスピンテールジグ

おすすめのスピンテールジグについてご紹介します。

ティクト(TICT)のスピンボウイ(SPINBOWY)がおすすめです。

重量がある割にシルエットが小さいです。

フォール時に糸がらみしにくいです。

メバルがスレにくいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事