人気急上昇中のイカメタル。

そんなイカメタルに、新たな釣り方が登場しました。

それは、オモリグという釣法です。

普通のバーチカルを攻めるイカメタルとは異なります。

ここでは、イカメタルのオモリグ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

オモリグとは

オモリグとは、仕掛けの中間にオモリを使う釣り方のことです。

オモリから1番下のスッテまでのリーダーが長いので、ゆっくりフワフワ沈んでいきます。

エギが水平姿勢を保ちやすいというメリットもあります。

これにより、警戒心の強いイカが乗りやすくなります。

良型のイカは、警戒心が強いので、大型を狙うにはぴったりの釣り方です。

を狙うとよいです。

ただし、潮が流れていなければ、スッテがフワフワ動かないので成立しません。

イカメタルのオモリグ仕掛け

スポンサーリンク

イカメタルのオモリグの時期

イカメタルのオモリグの時期についてご紹介します。

オモリグで狙うのは、主にケンサキイカとスルメイカです。

これらのイカを釣るのは、5~10月がおすすめです。

ケンサキイカがメインなら、8~9月がベストシーズンです。

スルメイカがメインなら、6~8月に行くとよいです。

ススム
地域や年によって、時期が異なることがあります。

イカメタルのオモリグのタックル

イカメタルのオモリグのタックルについてご紹介します。

オモリを使うタイプメタルスッテを使うタイプがあります。

タックルは次のとおりです。

イカメタルのオモリグ仕掛け
イカメタルのオモリグ仕掛け

ロッド

ロッドは、オモリグ(中オモリ)対応のものを使います。

必要なオモリを使用できないといけません。

穂先が硬めのものがよいです。


リール

リールは、ベイトリールとスピニングリールを使い分けるとよいです。

イカが底付近にいる場合は、パワーのあるベイトリールを使います。

イカが浮いてくれば、仕掛けをキャストしやすいスピニングリールに変更します。

目安なので、本的には釣りやすいリールを使えばよいです。


ライン

ラインは、PEの0.6号前後を使います。


リーダー

リーダーは、市販のオモリグ専用リーダーを使うと簡単です。

オモリからスッテまでは1mほど取ります。

もちろん、自作してもOKです。


オモリ

オモリは、10~30号を使います。

潮の速さなどによって変わります。

オモリの代わりに、メタルスッテを使ってもよいです。


スッテ(ドロッパー)

スッテは、浮きスッテの1.5~2.5号を使うとよいです。

号数は、イカのサイズに合ったものを選びます。

ドロッパー専用のスッテも販売されています。

メタルスッテは重すぎるので使用できません。

スッテの代わりに、エギを使ってもよいです。

イカメタルのオモリグのコツ

イカメタルのオモリグのコツについてご紹介します。

オモリグの基本は、誘い上げてのステイです。

はじめは、足元に沈めるとよいです。

狙いのタナまで沈めば、2~3回ほどシャクリながら巻き上げます。

巻かないで、そのタナで2~3回シャクるだけでもよいです。

その後、ゆっくりのテンションショールさせて止めます。

テンションショールとは、ラインを張った状態で沈めることです。

テンションフォール時は、竿をゆっくり下げるだけです。

これをタナを変えながら繰り返します。


広範囲を探るために、軽くキャストしてもよいです。

スピニングリールを使うと、バックラッシュせずに釣りやすいです。

まず、仕掛けをアンダーでキャストします。

狙いのタナまで沈めていきます。

沈めば、数回シャクりながら巻いてステイします。

巻かずに、シャクッてステイするだけでもOKです。

ステイの時、スッテ(エギ)はカーブフォールしています。

カーブフォールトは、こちらに向かって弧を描きながら沈むことです。

しばらくして当たりがなければ、再度シャクッた後ステイします。

真下まで来れば、回収して再びキャストします。


当たりは、非常に繊細です。

穂先が軽く曲がったり、水平に戻ったりするような当たりが多いです。

当たりがあれば、すかさず合わせます。

タイミングよく合わせないと、フッキングしません。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事