船からの人気のイカ釣りと言えば、イカメタルを挙げることができます。

毎年多くの釣り人がイカメタルに熱狂しています。

ここでは、イカメタルで使うリールの番手やギア、ハンドルなどの選び方についてご紹介します。

ダイワ・シマノ・アブガルシアでおすすめ・人気のリールについても解説しています。

スポンサーリンク

イカメタルではベイトとスピニングのどちらがよい

イカメタルで使うリールを選ぶ際、ベイトリールとスピニングリールのどちらがよいのかを悩むことがあります。

結論から言うと、釣り方によって使い分けるのがベストです。

ただし、どちらか1つのリールのみで釣りたいのであればベイトリールがおすすめです。

特に、初心者はベイトタックルの方が釣りやすいです。



ベイトリールは、巻き上げ力が強いので、重いメタルスッテでも楽々巻き上げることができます。

レンジコントロールがしやすいというメリットもあります。

こういったことから、バーチカル(縦方向)を狙う釣りに適しています。

そのため、ベイトリールを使う人が多いです。


一方のスピニングリールは、バックラッシュしないので、メタルスッテをキャストして広範囲(横方向)を探ることができます。

しかも、素早くレンジを探るのにも適しています。

さらに、スピニングリールはラインの放出の際の抵抗が少ないので、軽いメタルスッテをスムーズに沈めることができます。

そのため、浮いてきたイカを軽いメタルスッテで狙っていくような場合、スピニングリールの出番となります。

そうすれば、手返しよく数を伸ばしてくことができます。


スピニングリールはオモリグで使うものと同じです。

そのため、こちらを参考にしてみてください。



ここからは、ベイトリールの選び方やおすすめなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

イカメタルリールの選び方

イカメタルリールの選び方についてご紹介します。

ベイトリールを選ぶ際に考えるべきポイントがいくつかあります。

【イカメタルリール】おすすめ・人気のベイトは?ギアは?

カウンター付きがおすすめ

ベイトリールの大きなメリットの1つとして、カウンター付きのものがあるということです。

カウンターが付いていると、アタリのあったタナを正確に把握しやすいです。

ラインのカラーをチェックする方法もありますが、初心者はカウンターでのチェックがおすすめです。

ラインキャパで選ぶ

ラインキャパとは、リールの糸巻き量のことです。

リールごとに、どれくらいの太さのラインがどれだけ巻けるかが決まっています。

必要な太さのラインが必要なだけ巻けなければ意味がありません。

イカメタルでは、0.6~0.8号のPEが200mほど巻ければ問題ありません。

リールの番手は?

リールの番手は、ラインキャパと大きく関係しています。

番手が大きいほど、巻けるラインが太かったり、量が多くなります。

番手は、ダイワなら100~200番、シマノなら150~300番がおすすめです。

ギア比は?

リールには、ローギアモデル・ノーマルギアモデル・ハイギアモデルの3つがあります。

イカメタルでは、ノーマルギアモデルまたはハイギアモデルがおすすめです。

ハイギアモデルは、ハンドル1回転あたりの糸巻取り量が多いです。

そのため、仕掛けの回収を早く行うことができます。

これにより、手返しよく釣っていくことができます。

逆に、ローギアモデルはたくさん巻かないと仕掛けが上がってきません。

ハンドルはダブルハンドルがよい?

ハンドルには、シングルハンドルとダブルハンドルがあります。

シングルハンドルは、パワフルかつスピーディーに巻き上げることができます。

その分、回転が安定しません。

一方のダブルハンドルは細かい操作がしやすいです。

回転は安定しやすいです。

最近はいダブルハンドルを使う人が増えてきています。

どちらを選ぶかは好みでOKです。

軽い方が疲れにくい

イカメタルは、ひたすら誘っては止めを繰り返す釣りです。

のんびり休憩などしている暇はありません。

そうなってくると、タックルの重さは重要です。

リールもできる限り軽い方が疲れにくいです。

【イカメタルリール】ダイワのおすすめは?

ダイワでおすすめのイカメタルで使えるリールについてご紹介します。

ダイワ ティエラ IC 105XH

軽量コンパクトで快適に巻き上げることできます。

カウンター付きで、デプスアラームなどの機能があるので便利です。

イカメタルだけでなく、タイラバなどのライトゲームにも使えます。

・1回転巻取り長(cm):76
・ギア比:8.1
・標準自重(g):165
・最大ドラグ力(kg):4.5
・ハンドル長(mm):100
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):0.6-200、0.8-120
・ボールベアリング/ローラー数:6/1


ダイワ LIGHT SW X IC

スーパーメタルフレームなので、パワフルに巻き上げることができます。

カウンター付きです。

ハンドルのアームが長く、大型EVAハンドルノブなので巻き上げやすいです。

・1回転巻取り長(cm):69
・ギア比:6.3
・標準自重(g):240
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):100
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):1-200、0.8-300
・ボールベアリング/ローラー数:5/1


ダイワ キャタリナIC 100SH

軽量なだけでなく、剛性も備わっています。

滑らかに力強く巻き上げることができます。

イカメタルだけでなく、タチウオやスーパーライトジギングなどにも対応しています。

・1回転巻取り長(cm):81
・ギア比:8.1
・標準自重(g):225
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):55
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
・ボールベアリング/ローラー数:5/1


ダイワ 紅牙 IC 150H

タイラバ専用リールです。

しかし、イカメタルにおいても高い性能を発揮できます。

ロングハンドルのため、楽々巻き上げることが可能です。

ICカウンターには、巻上速度の表示だけでなく、落下速度も表示されるので便利です。

・1回転巻取り長(cm):80
・ギア比:7.1
・標準自重(g):230
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):130
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):1-400、2-200
・ボールベアリング/ローラー数:6/1


【イカメタルリール】シマノのおすすめは?

シマノでおすすめのイカメタルで使えるリールについてご紹介します。

シマノ バルケッタ Fカスタム 150DHXG

上位機種のバルケッタプレミアムから、Xプロテクトなどを受け継いでいます。

フォールレバーが搭載されているので、イカメタルの釣り方に幅を持たせることができます。

イカメタルに適したモデルとなっています。

・1回転巻取り長(cm):80
・ギア比:7.1
・標準自重(g):230
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):130
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):1-400、2-200
・ボールベアリング/ローラー数:6/1


シマノ バルケッタ BB 300HGDH

カウンターが搭載された軽量のリールです。

それでいて、パワフルに巻き上げることができます。

イカメタルだけでなく、ボートアジング、タチウオなどにも使えます。

・1回転巻取り長(cm):70
・ギア比:7.0
・標準自重(g):220
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):51
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):1.5-200、2-150、3-100
・ボールベアリング/ローラー数:3/1


シマノ グラップラー CT 150XG

カウンター付きなので、イカの反応のあるタナを把握しやすいです。

フォールレバーが搭載されているため、メタルスッテのフォール速度を調整できます。

小型でもパワフルな巻き上げが可能です。

・1回転巻取り長(cm):81
・ギア比:8.1
・標準自重(g):255
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):60
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):0.8-400、1.0-330、1.5-200
・ボールベアリング/ローラー数:5/1


【イカメタルリール】アブガルシアのおすすめは?

アブガルシアでおすすめのイカメタルで使えるリールについてご紹介します。

ダイワとシマノ以外にも素晴らしいリールはあります。

アブガルシアの「MAX DLC(マックス ディーエルシー)」がおすすめです。

カウンター搭載の小型リールです。

大型液晶パネルで使用する電池は自分で交換できます。

イカメタルだけでなく、タイラバやバチコンアジングなどにも使用できます。

・1回転巻取り長(cm):60
・ギア比:5.8
・標準自重(g):220
・最大ドラグ力(kg):5.0
・ハンドル長(mm):105
・標準糸巻量ナイロン(lb-m):
・標準糸巻量PE(号-m):1.5-200、2.0-150
・ボールベアリング/ローラー数:5/1



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事