相模川では、ウナギ釣りの釣り場が多いです。

ウナギがよく釣れます。

そのため、多くの釣り人が竿を出します。

ここでは、相模川でおすすめのウナギ釣り場についてご紹介します。

スポンサーリンク

相模川ではどこでもウナギを狙える?

相模川では、さまざまな場所でウナギが釣れます。

ブッコミ釣りでおすすめのポイントは、寒川取水堰よりも下流(汽水域含む)です。

橋脚や水門などの周辺を中心に狙っていくとよいです。

ただし、馬入橋よりも下流は、ハゼやセイゴなどにエサを取られてしまうことが多くなります。

【ウナギ釣り】相模川でおすすめの釣り場
スポンサーリンク

【ウナギ釣り場】神川橋下流

神川橋下流の右岸に消波ブロック帯があります。

この場所は水深が深く、近くには水門があります。

ウナギが釣れる条件が揃っています。

さらに、下流にはゴロタがあり、ここもウナギの好ポイントとなっています。

釣りをする際に注意しなければならないことがあります。

右岸からポイントに入りにくいため、対岸からキャストして釣ります。


【ウナギ釣り場】馬入橋下流

馬入橋の下流は、川幅が広くなります。

川幅が広くなっている場所もおすすめです。

ここは実績の高い釣り場の1つです。

そこから下流側は深くなっています。

ここにウナギがいます。

大潮回りの夕マズメが狙い目となっています。


【ウナギ釣り場】湘南大橋周辺

もっとも下流にある湘南大橋周辺も、ウナギ釣りの好ポイントです。

橋脚周辺が狙い目となっています。

非常に人気の高いポイントです。

エサは、定番のミミズがおすすめです。

アオイソメでもOKです。

潮が動き出すタイミングがもっとも期待できます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事