エビングでキハダやカツオ、青物を狙う釣り人が多いです。

エビングは、ワームを使って魚を狙う釣法です。

では、どのようなワームを使えばよいのでしょうか?

ここでは、エビングのワームのおすすめと付け方についてご紹介します。

スポンサーリンク

エビングで使うワームの選び方と付け方

エビングで使うワームの選び方と付け方についてご紹介します。

ワームは、エビング専用のワームを使います。

他のワームでも代用可能ですが、専用を使った方がよいです。

ワームのサイズ

ワームのサイズは、3.5~4.2インチがメインとなります。

ワームのカラー

ワームのカラーはいくつかあります。

定番のケイムラを中心に、ブルーピンクなどを使います。

潮が濁っている場合、グローオレンジなどのアピール系カラーを使うとよいです。

スポンサーリンク

エビングのワームの付け方

エビングのワームの付け方についてご紹介します。

ワームは2個付けがおすすめです。

異なるカラーのワームを使うとよいです。

どのカラーがよいのか、キハダの反応をみるとよいです。

ちょん掛けの要領で2個とも針に刺します。

エビングのワームのおすすめと付け方【キハダやカツオなど】

エビングのワームのおすすめ

エビングのワームのおすすめについてご紹介します。

おすすめのエビング専用ワームは、次のとおりです。

ダイワ エビングスティック

エビングスティックは、エビング専用ワームです。

キハダやヒラマサといった青物狙いに最適です。

相模湾のキハダなどにおすすめです。

喰いが渋い時に効果的です。

1個だけ付ければシンキング、2個付ければサスペンドになります。

状況によって個数を変えるとよいです。


サイズ(インチ):3.5、4.2


ダイワ エビングスティック SH

エビングスティック SHは、高強度・高硬度素材でできています。

非常に耐久性が高いため、針から千切れにくいです。

細かい波動が生じる設計になっています。

ターゲットの活性が高い時に有効です。


サイズ(インチ):3.5、4.2


ダイワ DRスティック

DRスティックは、エビング対応ワームです。

ローリングアクションが生じる設計になっています。

ダート&ロール後のイレギュラーな動きで魚が口を使ってくれます。

耐久性に優れているため、誘いをかけてもズレたり、外れたりしません。


サイズ(インチ):2.5、3.5、4.2



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事