ビフテキ(リグ)をご存じですか?

キジハタ(アコウ)などの根魚を釣るのに効果的な釣り方です。

ここでは、キジハタのビフテキ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ビフテキとは

ビフテキとは何なのでしょうか?

ビフテキとは、ジャングルジムが提案している“Be Free Texas”というリグの略です。

ロックフィッシュに大変有効なリグです。

オモリが遊動式になっており、根がかりがしにくいリグになっています。

オモリの着底後、ワームがゆっくり沈むので、ワームをじっくり見せることができます。

ススム
簡単に遊動幅を変えられるようになっています。

スポンサーリンク

キジハタ釣りのビフテキ仕掛け

キジハタ釣りのビフテキ仕掛けについてご紹介します。

ビフテキ仕掛けは次のとおりです。

キジハタのビフテキ仕掛け

ロッド

ロッドは、ロックフィッシュ専用ロッドがおすすめです。

硬めのライトゲームロッドやメバリングロッドなどでも代用できます。

長さは、7~8フィートぐらいがよいです。


リール

リールは、スピニングリールがおすすめです。

2500~3000番がぴったりです。


ライン

ラインは、PEの0.6号を使います。

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5号を使います。


ビフテキリグ

ビフテキリグは、“ムーブストッパー” “ビーンズ” “リングロッカー”を組み合わせて作ります。

<例>“ムーブストッパーのSサイズ”と“ビーンズの7g”、“リングロッカーの#3”など。

状況に応じて、それぞれの大きさを変えるとよいです。

ビーンズは遊動式になっているので、ムーブストッパーとリングロッカーとの間を動きます。


ワーム

ワームは、ストレートやシャッドテール、カーリーテール、ピンテールなどいろいろ使えます。

ホッグも有効です。

サイズは、2~3インチがおすすめです。

キジハタのビフテキでの釣り方のコツ

キジハタのビフテキでの釣り方のコツについてご紹介しています。

ビフテキ仕掛けを使うと言っても、基本的な釣り方はテキサスリグを使う場合と同じです。

それもそのはずです。

ビフテキ仕掛けは、テキサスリグを応用した仕掛けなのですからね。

キジハタのビフテキ仕掛け

ビフテキ仕掛けでの釣り方は、次のとおりです。

まず、狙ったポイントへ仕掛けをキャストします。

シモリ周りなどが好ポイントになっています。

着底後、糸ふけを取ります。

基本的な誘いは、リフト&フォールです。

底で仕掛けを跳ね上げさせて、沈めるの繰り返しです。

きっちりと底を取りながら誘うことが大切です。

ただ巻きでは、根がかりする恐れがあります。


当たりがあれば、合わせを入れます。

針がかりすれば、一定の速さで巻き上げるだけです。

ロックフィッシュ釣り全般に言えることですが、合わせたら一気に巻き上げることが重要です。

根に潜られると、かなりの確率でバレてしまいます。

どれだけ早く海面まで浮かせられるかがカギとなります。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事