あまりにも数が減って幻の魚とまで言われたキジハタ(アコウ)。

今では数が増え、さまざまな釣り場で釣ることができるようになりました。

キロ超えの良型も狙えることから、ルアーの人気のターゲットとなっています。

ここでは、キジハタのテキサスリグタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キジハタ釣りの時期

キジハタ釣りの時期についてご紹介します。

キジハタは水温の高い時期がベストシーズンです。

そのため、6月頃からよく釣れ出し、7~9月頃がピークとなります。

晩秋まで釣れ続きます。


水深5m以下の釣り場では夜釣りがおすすめです。

夏の日中は暑いだけに、夜釣りは気候的に非常に釣りやすいです。

キジハタのテキサスリグタックルと釣り方【アコウ】
スポンサーリンク

キジハタのテキサスリグタックル

キジハタのテキサスリグタックルについてご紹介します。

ジグヘッドリグでも構いませんが、根が荒い場所でも根掛かりが少ないテキサスリグがおすすめです。


タックルは次のとおりです。

キジハタのテキサスリグタックルと釣り方【アコウ】

ロッド

ロッドは、ロックフィッシュ専用ロッドを使います。

5~30gのルアーを扱えるものがおすすめです。

エギングロッド(M)でもOKです。

長さは8~9フィートです。


リール

リールはスピニングを使います。

サイズは2500~3000番がおすすめです。

ベイトリールでもOKです。


ライン

ラインはPEの1号を使います。


リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号を使います。

長さは3~4mです。

ラインとは、FGノットやノーネームノットなどで直結します。


ストッパー

ストッパーは、シンカーの動きを限定的にすることでワームと一体感を持たせることができます。

そのようにすることで、根掛かりしそうな障害物の中を攻めることが可能となります。

逆に、ストッパーを付けず、シンカーを自由に動かしてもよいです。

そのようにすることで、ワームをよりナチュラルに動かすことができます。


シンカー

シンカーはバレットシンカーを使います。

重さは5~20gです。

タングステンでもでもよいです。

潮の速さや水深によって重さは変わります。


フック

フックは、根魚専用のワームフックを使います。

サイズは1/0~2/0がおすすめです。


ワーム

ワームはクロー系を使います。

キジハタは甲殻類が好物なので、クロー系の実績が高いです。

ホッグ系グラブ系でもOKです。

3インチがメインです。


アクションによってワームを使い分けるとよいです。

クロー系・ホッグ系は、リフト&フォールで誘う場合におすすめです。

グラブ系は、ただ巻きで引いてくる(スイミング)場合に使うとよいです。


ワームにフックを刺す場合は、フックの軸に平行になるようにまっすぐ刺します。

曲がったり、ねじれていたりすると、喰いが悪くなってしまいます。

キジハタ釣りのポイント

キジハタ釣りのポイントについてご紹介します。

キジハタ釣りのポイントの条件は2つです。

  • 障害物
  • 潮通し

この条件を満たし、甲殻類やベイトなどがいれば好ポイントです。

速い潮が流れる場所では大型が釣れやすいです。

わからない場合は、実績のあるポイントで釣るとよいです。


おすすめのポイントについてみていきます。

港湾部

敷石・捨て石・テトラ周り・波止の先端・波止の外向きがおすすめです。


常夜灯周り

足元の明るいところよりも、周辺の暗いところや障害物の陰が狙い目です。


障害物周りなど

シモリや岩礁周り、カケアガリに着いていることが多いです。

キジハタのテキサスリグでの釣り方

キジハタのテキサスリグでの釣り方についてご紹介します。

キジハタ釣りの基本は、キジハタがいそうな障害物周りを丹念に探ることです。

これがもっとも効率のよいキジハタを釣る方法です。


釣り方は2つあります。

1つは、キャストして障害物周りを引いてくる方法です。

狙いのポイントへ仕掛けをキャストします。

着底後、糸フケを取り、リフト&フォールで誘います。

シモリなど好ポイントに来れば、その周辺を丁寧に探ります。

ただ巻き(スイミング)で引いてきてもOKです。

ある程度、ワームが浮けばフォールさせます。


もう1つは、波止などで足元にある敷石や捨て石などを探っていく方法です。

足元に仕掛けを投入します。

キジハタは、敷石や捨て石などにいることが多いです。

基本はリフト&フォールで誘います。

アタリがなければ、移動しながら探っていきます。

進行方向に向かってリフト&フォールします。

底を引きずると根掛かりするおそれがあります。


リフト&フォールは、次のように行います。

ワームが着底している状態で、ロッドを立ててワームを持ち上げます。

その後、そのままテンションを張った状態でカーブフォールさせます。

しばらくすると、ワームが再度着底します。

5~15秒ほどステイさせます。

その後、ワームを再び持ち上げます。

これを繰り返します。


アタリは、ワームが着底する前後で多いです。

アタリがあれば即合わせします。

フッキングすれば、素早く巻き上げて底から引き離します。

根に潜られないようにするためです。

あとは、テンションを緩めずに、一定の速さで巻き上げます。

やり取りは慎重に行います。

良型なら、網ですくうとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事