最近はロックフィッシュをルアー(主にワーム)で狙うのが人気です。

しかし、ロックフィッシュを釣る方法はいくつかあります。

いろいろある中から、よく行われる釣り方をご紹介します。


スポンサーリンク

ロックフィッシュを胴突き仕掛けで釣る

ロックフィッシュ 胴突き
仕掛けの特徴として、1番下にオモリが付いています。

オモリを底につければ、確実に底を取ることができます。

ロックフィッシュは底周辺にいるので、かなり効率的です。

針は、3本もあれば十分です。

根がかりしにくいというメリットがあります。

主な釣り方は、オモリを底に着けてそのまま待つか、リフト&フォールで誘って喰わせるかです。

日によって、どちらがよいのかは異なります。

スポンサーリンク

ロックフィッシュをヘチ・穴釣り仕掛けで釣る

ヘチ釣り 仕掛け
堤防のヘチやテトラなどの隙間(穴)などを狙う仕掛けです。

1番下に針が付いているだけに、沈めすぎると根がかかりの危険性が高まります。

だからと言って、底から離しすぎると魚がいません。

きっちりとタナ取りできるかが大きなカギです。

ロックフィッシュをブラクリ仕掛けで釣る

アイナメ 穴釣り仕掛け ブラクリ
ブラクリを使った仕掛けは、穴釣りの定番です。

ブラクリとは、カラフルなオモリに針が付いた穴釣り用の釣具です。

テトラや岩の隙間を狙うのにピッタリです。

比較的簡単に釣ることができるので、初心者におすすめです。

ロックフィッシュをワーム仕掛けで釣る

ワーム 仕掛け
ジグヘッド&ワームの組み合わせは、ロックフィッシュ釣りでよく使われます。

メバルなどのロックフィッシュは、ワームで誘って釣るのが定番化しています。

メバリングがその典型です。

テトラ・岩場などの隙間を狙ったり、キャストして誘いながら巻いてきます。

ジグヘッド&ワームの代わりにメタルジグを使ってもよいです。


他にも、さまざまな釣り方があります。

ただ、ここでご紹介した釣り方さえマスターすれば十分です。


ハードロックフィッシュは、ジグヘッドとワームの組み合わせで釣るのが人気です。

キャストして、誘いながら巻いてると、ゴツンと当たりがあります。

良型のロックフィッシュが釣れることが多いだけに、非常に面白いです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事