キジハタ(アコウ)はテキサスリグだけでなく、ジグヘッドリグで狙われることが多いです。

仕掛けは、テキサスリグとほとんど同じです。

ここでは、キジハタのワーム仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キジハタのワーム仕掛け

キジハタのワーム仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

キジハタのワーム仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドは、ロックフィッシュ専用ロッドやメバリングロッド、バスロッドを使うとよいです。

長さは、7~8フィートぐらいが使いやすいです。


リール

リールは、バックラッシュのないスピニングリールがおすすめです。

サイズは、2500~3000番がぴったりです。


ライン

ラインは、PEの0.6号がおすすめです。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5号がおすすめです。


ジグヘッド

ジグヘッドの重さは3g前後を使います。

その時の状況により、重さは変わります。


ワーム

ワームは、2~3インチのものを使います。

スポンサーリンク

キジハタのワームのアクション

キジハタのワームのアクションについてご紹介します。

キジハタは、底付近にいる魚です。

当然、ワーム仕掛けで狙うのは底付近ということになります。

ただ、ワーム仕掛けは根がかりが多いです。

そのため、根がかりしないように注意が必要です。

キジハタのワーム仕掛けと釣り方

アクションは、次のとおりです。

まず、狙ったポイントへ仕掛けをキャストします。

底スレスレをゆっくりとただ巻きで引いてきます。

テキサスリグと違って、根がかかりが多いので、底付近をスイミングさせます。

スレスレとは言っても、少しぐらい上を引いても問題ありません。


もちろん、場所によってはリフト&フォールで誘うことも可能です。

ただ、根がかりが多い場合は、テキサスリグに変えた方がよいです。

テキサスリグの方が根掛かりするおそれが低いためです。


当たりがなければ、巻く速さを変えるとよいです。

ワームのカラーやジグヘッドの重さなどを変えるのも効果的です。


当たりがあれば、すぐに合わせます。

針がかりすれば、一気に巻き上げて底から離します。

あとは一定の速さで巻いてきます。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事