カサゴはいろいろな釣り方で釣れます。

最近は、ガシリングが人気です。

しかし、シンプルな釣り方である穴釣りも負けてはいません。

カサゴの穴釣りのワーム仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

穴釣りとは!おすすめのポイントは?

はじめに、穴釣りとはどのような釣りなのでしょうか?

文字どおり、魚がいそうな穴や障害物の隙間を見つけて、そこに仕掛けを投入して釣る方法です。

主に、テトラ帯ゴロタ場などで行われます。

初心者でもできる非常に簡単な釣りです。

一見地味そうな釣りですが、魚が喰い付いた瞬間の手に伝わる感触は、最高で何とも言えません。

1度やったら、ハマってしまいます。

カサゴの穴釣りのワーム仕掛け

テトラ帯やゴロタ場では、干潮時の方が穴の奥を探りやすいです。

逆に、満潮時や波が高い時は探りにくい上、危険なので避けた方がいよいです。

潮通しのよいポイントの方が魚影が濃いです。


スポンサーリンク

カサゴの穴釣りの仕掛け

カサゴの穴釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、至ってシンプルです。

まずは、ルアーで釣ってみて、喰わなければエサを使うとよいです。

ルアーの方が手返しが速いので効率がよいです。


穴釣り仕掛けは、次のとおりです。

カサゴの穴釣りのワーム仕掛け
ススム
深場での釣りにおすすめの中通しオモリを使った仕掛けブラクリ仕掛けでもOKです。


ロッド

バスロッドルアーロッド(ライト~ミディアムライト)を使うとよいです。

竿先は柔らかめで、バットがしっかりしているものを選びます。

単に柔らかいだけでは、カサゴのツッコミをかわせず、穴に潜られてしまいます。

長さは、1.8~2mぐらいが使いやすいです。

高価なロッドは不要です。


ロッド

小型のスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番がおすすめです。


ライン

ラインは、ナイロンの2~3号を巻いておきます。

PEは、根ズレに弱いです。

フロロカーボンは張りが強いので絡まる恐れがあります。


ジグヘッド

ジグヘッドは、根魚用の針で小さいものを使います。

重さは、2.5~7gです。


ワーム

ワームはシャッドテールか、ピンテールがおすすめです。

大きさは、1.5~2インチぐらいがよいです。

ワームがまっすぐになるように、ジグヘッドに刺し込みます。

カサゴの穴釣りの釣り方のコツ

カサゴの穴釣りの釣り方のコツについてご紹介します。

穴釣りを行う前に、カサゴがいそうな穴を探します。

テトラ帯でも、ゴロタ場でも、じっくり見てみるといかにも魚がいそうな穴がすぐに見つかります。

慣れないうちは、ここだと思ったところを順に攻めていけばよいです。

慣れてくると、どのような穴がよいのか、自然にわかるようになってきます。


では、穴釣りの釣り方について解説します。

まず、ジグヘッドを狙った穴に送り込みます。

仕掛けが穴に入れにくい場合は、ジグヘッドを穂先まで巻き上げ、穂先ごと穴の中に刺し込んで送り込むとよいです。

ジグヘッドを奥に送り込み過ぎると、根がかりの原因になります。

ほどほどにしておきます。


底に着いたら、誘うだけです。

誘い方は、ロッドを軽く上下にチョンチョンと動かすだけでよいです。

食い気があれば、これだけで喰ってきます。


当たりは非常にわかりやすく、グッと引き込むことが多いです。

当たりがあれば、すぐに巻き上げます。

グズグズしていると、奥に潜り込まれ、引き上げられなくなります。

そのため、いつ当たりがあってもよいように、神経を集中しておかないといけません。


もし潜り込まれたら、テンションをやや緩めて、魚が動くのを待つしかありません。

しかし、こうなってしまうとなかなか動いてはくれません。

ある程度待ってもダメなら、諦めるしかありません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事