暑い時期によく釣れるマゴチ。

マゴチは、サーフ・堤防・磯などから狙うことができます。

ルアーの人気のターゲットとなっています。

ここでは、マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

マゴチ釣りのルアー仕掛け

マゴチ釣りのルアー(ワーム)仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

マゴチ釣りのルアー仕掛けと釣り方【ワーム】

ワームで狙う場合、ジグヘッドリグ以外にもテキサスリグが有効です。

サーフ・堤防・磯のどこから狙っても、仕掛けはほとんど同じです。

マゴチ釣りのルアー仕掛けと釣り方【ワーム】

ロッド

ロッドは、ヒラメロッドシーバスロッドを使います。

エギングロッド柔らかめの磯竿などでもOKです。

波打ち際など、すぐ近くで釣る場合はバスロッドでもよいです。

長さは、3m前後が使いやすいです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500~3000番がおすすめです。

ライン

ラインは、PEの0.6~1.2号を巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの2~3号を使います。

長さは1~1.5mです。

ジグヘッド

ジグヘッドは7~35gを使います。

飛距離や水深の深さなどによって変わってきます。

ワーム

ワームはシャッド系がおすすめです。

サイズは3~4インチを使います。

場合によっては、5インチを使うこともあります。

カラーは、ピンク系・ホワイト系・ゴールド系の人気が高いです。

スポンサーリンク

マゴチ釣りのポイントとレンジ

マゴチ釣りのポイントとレンジについてご紹介します。

釣り場は、遠浅サーフがおすすめです。

手前の浅瀬沖のカケアガリが好ポイントです。

サーフだけでなく、堤防や河口などでも狙えます。


マゴチは、底にいる魚なので、底を攻めないといけません。

基本的には、ヒラメのように底から離れて捕食しません。

そのため、底を意識して誘うことが重要です。

マゴチ釣りのルアーでの釣り方

マゴチ釣りのルアー(ワーム)での釣り方についてご紹介します。

キャストして、ワームが着底するのを待ちます。

この時、テンションフォールさせると、喰ってくることがあります。

着底してすぐや、巻き始めなどによくアタるので注意が必要です。

また、目の前でも喰ってくることがあるので、最後まで油断しないようにします。


誘い方は、基本的にはワームをゆっくりと巻いてくるだけでよいです。

ワームが底から浮きすぎると喰いません。

そのため、ズル引きでよいです。

巻き始めだけ速く巻くと、マゴチが好反応を示すことがあります。

喰いが渋い場合は、巻く速さを変えてみます。


アタリがない時は、ストップ&ゴーがおすすめです。

ワームを引いてきて、一瞬巻くのを止めます。

そして、すぐに巻き始めます。

これを繰り返します。

動きに変化を入れることで、マゴチにアピールします。

長めに止めるとよいこともあります。


リフト&フォールも効果的です。

ワームを底から50cmほど持ち上げて、底まで沈めます。

これを繰り返します。

フォールで喰ってくることが多いです。


どの誘い方がよいのかは、日によって異なります。

そのため、喰いが悪い時はいろいろとやってみることが大切です。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事