東京湾や相模湾などではクロムツ釣りの人気が高いです。

クロムツは、どのように調理してもおいしい魚です。

クロムツ釣りは中深場での釣りなので、仕掛けや釣り方などが気になる人が多いと思います。

ここでは、クロムツ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

クロムツ釣りの仕掛け

クロムツ釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

クロムツ釣りの仕掛けと釣り方

竿

竿はアカムツ専用竿を使います。

アカムツ狙いの釣りで、クロムツが釣れることがよくあります。

そのため、竿はアカムツ用でよいです。

他には、イカ竿青物竿でもOKです。

使用するオモリの重さに対応できるものを選びます。

リール

リールは、中型の電動リールを使います。

必要なラインを巻けるものを選びます。

ライン

ラインはPEの3~4号を使います。

最低でも400m巻いておきます。

釣り場によって、狙うタナの深さが変わります。

それによって、巻く量も変わります。

幹糸

幹糸は、フロロカーボンの10~12号を使います。

エダス

エダスは、フロロカーボンの7~8号を使います。

長さは60~70cmです。

30cmほどの短めで釣る船もあります。

エダスの間隔は150cm前後です。

針は、ムツの16~18号を使います。

フラッシャー付きでもよいです。

針の数は5~8本です。

捨て糸

捨て糸は、フロロカーボンの6~7号を使います。

長さは1mほどです。

オモリ

オモリは200号を使います。

重さは、水深や潮の速さなどによって変わることがあります。


※仕掛けは市販のアカムツ用などを使ってもOKです。

スポンサーリンク

クロムツ釣りのエサ

クロムツ釣りのエサについてご紹介します。

エサはサバの切り身がよく使われます。

5~6cmの長方形にカットし、ちょん掛けします。

サバが釣れることがあるので、それをエサに使ってもよいです。

他には、イカの切り身ホタルイカなどもよく釣れます。

クロムツ釣りの仕掛けと釣り方

クロムツ釣りの釣り方

クロムツ釣りの釣り方についてご紹介します。

仕掛けの投入は船長の指示に従います。

勝手に投入するのはNGです。

仕掛けの投入後は、サミングしながら沈めていきます。

このようにすることで、オマツリの予防などの効果があります。


クロムツは底付近にいます。

そのため、仕掛けを底まで沈めます。

着底したら、糸フケを取って仕掛けを2~3m上げます。

しばらくアタリを待ちます。

アタリがなければ、仕掛けをゆっくり持ち上げ、ゆっくり沈めていきます。


それでも喰ってこなければ、底を取り直します。

船を流して釣るので、底の状況は常に変化します。

そのため、仕掛けが底に近づきすぎたり、離れすぎたりします。

きちんと底から2~3m上をキープしなければ釣れません。

この釣りは、まめに底を取り直すことが重要です。

底を取り直すことで、よい誘いもかかります。


置き竿にして放置するのはよくありません。

適度に誘いを入れたり、底を取り直す方が釣果は伸びやすいです。


クロムツが喰ってくると、穂先に派手なアタリが出ます。

クロムツ特有のアタリなのでわかりやすいです。

アタリがあれば、巻き上げ始めればよいです。

ただし、針がたくさん付いているので、追い喰いを狙った方が効率的です。

うまくいけば多点掛けできます。

巻き上げ時はラインを緩めないようにします。

ラインのテンションが緩むとバレやすいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事