煮付けなどにするとおいしいキンメダイ。

漢字で書くと、“金目鯛”となります。

高級魚のイメージが強いですが、意外と簡単に釣ることができます。

ここでは、キンメダイ釣りの時期や旬などについてご紹介します。

スポンサーリンク

キンメダイとは?

キンメダイとは、キンメダイ目キンメダイ科に属する魚です

文字どおり、目が金色に輝くことからその名前が付いてとされています。

体色は鮮やかな赤です。

最大で体長が50㎝を超えます。

タイと付いていますが、マダイとはまったく別の魚です。

キンメダイ釣りの時期!旬はいつ?

キンメダイは深海魚と言われるだけあって、水深100m以上のところに生息しています。

大きくなるに連れて、深いところに移動していきます。

水深800mぐらいまで生息していると言われています。

釣りでは、300~400mぐらいを狙うこともあります。

スポンサーリンク

キンメダイ釣りの時期!ベストシーズンは?

キンメダイは年間を通して釣れます。

ただし、おすすめの時期とそうではない時期があります。

では、おすすめの時期とはいつなのでしょうか?

おすすめはです。

【キンメダイ釣り】春は型狙い

春は、キンメダイの大型が狙えます。

産卵期前なので、かなり期待できます。

4~6月が狙い目です。

比較的浅いところで釣れるようになります。

海の状態も落ち着いてきます。

【キンメダイ釣り】秋は数狙い

秋は、キンメダイの数釣りが楽しめます。

他の時期と比べてという意味で、じゃんじゃん釣れるという意味ではありません。

その代わり、サイズは小~中型が多いです。

9~11月が狙い目です。

台風など特別な場合を除いては、海が時化たりすることは少なく、非常に釣りやすいです。

暑いのはどうしようもありません。

初心者が釣りに行くのにぴったりです。

【キンメダイ釣り】夏と冬はどうなの?

夏もキンメダイは釣れます。

真昼の釣りは、非常に熱いです。

キンメダイの産卵期は、夏(6~10月頃)です。

うまくいけば、白子を食べることができます。


冬でも、キンメダイは釣れないことはありません。

ただし、よく時化る時期だけに出船できるかどうかが問題です。

出船できたとしても、船に揺られるので酔いやすいです。

しかも、この時期はそれほどたくさんは釣れません。

それを覚悟で行くようにしてください。

ネガティブなことばかり言いましたが、食べるとおいしい時期なので釣りに行く人は結構います。

キンメダイの旬は?

キンメダイの旬はいつなのでしょうか?

もっともおいしいとされるのは冬です。

12~2月頃がおすすめです。

この時期のキンメダイは脂が乗っているためです。

苦労して釣ってきたら、さらにおいしく感じるかもしれませんね。

おいしいキンメダイを食べたいのなら、冬に釣りに行くとよいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事