オニカサゴ釣りは、沖での船釣りが一般的です。

水深100~200mと非常に深いタナで釣りをします。

ここでは、オニカサゴ釣りの船での仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

オニカサゴ釣りの船での仕掛け

オニカサゴ釣りの船での仕掛けについてご紹介します。

仕掛けについては、次のとおりです。

オニカサゴ釣りの仕掛けと釣り方
オニカサゴは、テンビン仕掛けで釣ります。


竿

竿は、根魚専用(深海用)やヤリイカ用、青物用の竿がおすすめです。

オモリ負荷は、150~200号です。

150号ぐらいがベストです。

硬すぎると当たりを取りにくいです。

長さは、2mぐらいが扱いやすいです。

長すぎると、オモリが重いだけに疲れてしまいます。


リール

水深が深いので、電動リールは必須です。

ダイワなら500番がおすすめです。

手巻きリールでもできなくはありませんが、手返しが遅くなるので非効率です。


ライン

ラインは、PEの4~6号300m巻いておきます。

あまり細いと、太いPEの釣り人とお祭りした時に、PEが切れてしまうことがあります。

そうかと言って太すぎると、抵抗が大きくなるのでフケやすいです。


テンビン

一般的なテンビンでも、片テンビンでも構いません。

大型のもの(腕長50cm以上)を用意します。


ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの6~8号で、針はムツ針18~22号です。

市販の仕掛けを購入すればよいです。

2本針と3本針があります。

初心者は、トラブルが少なく手返しの早い2本針がおすすめです。

根がかりが多いので、仕掛けは多めに準備しておきます。


オモリ

オモリは150~200号を使うことが多いです。

船長の指示に従います。

事前に確認しておくとよいです。


その他

水中ライトケミホタルを付けることもあります。

念のため、用意しておくとよいです。

ただし、サメが多い時は外した方が無難です。

船長の指示に従うようにします。

スポンサーリンク

オニカサゴ釣りのエサ

オニカサゴ釣りのエサについてご紹介します。

エサには、サバ・サンマなどの切り身やイカの短冊を使うのが一般的です。

他には、エサ持ちのよいアナゴやアピール重視のサケの皮を使ってもよいです。


大きめのエサを付けると、大型が喰ってくる確率がアップします。

大型狙いなら、大きめのエサを使うとよいです。

大きさだけではなく、形状にもこだわるとよいです。

切り身の先だけを細くしたり、薄くしたり、切り込みを入れて二股にするなどいろいろ工夫できます。

これをやるかやらないかで釣果に差が出ることがあります。


針にタコベイトをつけて、さらにアピールするとよい時もあります。

エサの代わりに、ワームを付ける人もいます。

ススム
エサとワームの両方で釣ってもよいです。

オニカサゴ釣りの船での釣り方のコツ

オニカサゴ釣りの船での釣り方のコツについてご紹介します。

まず、仕掛けを投入し、底まで沈めます。

着底すれば、底を取ります。

すぐに行わないと、根がかりする可能性があります。

オニカサゴは底付近にいますので、常に底から1mぐらいまでの範囲を探ります。

オニカサゴ釣りの仕掛けと釣り方

誘い方は、非常にシンプルです。

竿を上下に動かすことで、エサを小刻みに動かします。

下げる時(フォール時)に喰ってくることが多いです。

オニカサゴはエサを食べるのが下手なので、速く落としすぎると喰ってくれません。

そのため、フワフワとゆっくりエサを見せてあげるとよいです。

常に動かし続けるのではなく、たまに止めて喰わせる時間を設けます。


オニカサゴ釣りでもっとも重要なことは、常にきちんと底を取り続けることです。

あまり浮かせすぎると釣れません。

逆に下げ過ぎると、根がかりしてしまいます。


合わせは、向こう合わせでOKです。

ただ、念のため竿を立てて軽く合わせておくとよいです。

針がかりすれば、巻き上げます。

追い食いを狙ってもよいです。

オニカサゴは他の根魚と違い、最後まで暴れますので、釣り上げるまでは安心できません。


釣り上げた後は毒のトゲに注意します。

すぐに、トゲをハサミなどで切る釣り人もいます。


再度釣り始める前に、ハリスのチェックを行います。

オニカサゴの歯はザラザラしているので、ハリスが擦れて傷んでいることがあります。

傷んだ状態で釣ると、ハリスが切れてしまうおそれがあります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事