初夏を迎えると、アカハタが釣れ出します。

アカハタとは真っ赤な魚体が美しい高級魚です。

そのアカハタが手軽に釣れます。

ここでは、アカハタの船からのエサ仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アカハタ釣りの一つテンヤ仕掛け

アカハタ釣りの一つテンヤ仕掛けについてご紹介します。

真夏になって活性が高くなると、ルアーで狙うと面白いです。

しかし、初夏(梅雨など)はまだ活性がそれほど高くはありません。

そのため、エサを使った一つテンヤ仕掛けが最適です。

もちろん、他の時期にも釣れます。

アカハタ釣りの仕掛けと釣り方【船のエサ釣り】


一つテンヤ仕掛けは次のとおりです。

アカハタ釣りの仕掛けと釣り方【船のエサ釣り】

竿

竿は、ロックフィッシュ用ライトルアーゲームロッドがおすすめです。

7:3調子が釣りやすいです。

長さは、2.1~2.4mです。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

サイズは3000番がおすすめです。


ライン

ラインは、PEの1~1.5号を使います。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの4号を使います。

長さは、2m前後にしておきます。


一つテンヤ

一つテンヤの重さは、水深により使い分けるとよいです。

  • 水深15~30mなら8号前後
  • 水深40~50mなら15号前後

これは、あくまで目安です。

この釣りは、底を取れないと釣りになりません。

そのため、潮が速い場合などは、確実に底を取れる重さを使うようにします。

スポンサーリンク

アカハタ釣りの中通しオモリ仕掛け

中通しオモリを使った仕掛けでもよいです。

仕掛けは次のとおりです。

アカハタ釣りの仕掛けと釣り方【船のエサ釣り】

竿・リール・ライン・リーダーは上と同じです。


中通しオモリ

中通しオモリは5~7号を使います。

遊動式です。




針は、オフセットフック1/0またはムツ針14号前後を使います。

アカハタ釣りのエサと付け方

アカハタ釣りのエサとして、サバの切り身やイカ短、ヒイカなどが使われます。

サバの切り身は集魚効果は高いですが、エサ持ちがよくありません。

エサ取りが多いと、すぐに取られてしまいます。

このような時は、イカ短やヒイカがおすすめです。

どのエサに反応がよいかはわからないので、複数のエサを用意しておく方がよいです。

高活性の時期なら、ワームを使うとよいです。


一つテンヤ仕掛けでも中通しオモリ仕掛けでも刺し通しします。

このようにすることでエサが外れにくくなります。

アカハタ釣りのエサを使った釣り方

アカハタ釣りのエサを使った釣り方についてご紹介します。

一つテンヤ仕掛けを使っても、中通しオモリ仕掛けを使っても釣り方は同じでよいです。


浅場(15~30m)では、キャストして広く探って釣ります。

深場(30m以上)ではキャストせずに釣ります。


まず、仕掛けをキャストします。

底を取った後、竿を立ててラインを張った状態でステイします。

アタリがなければ、ゆっくりシャクリ上げて底まで沈めてステイします。

アカハタの活性が低い時期は、スローに誘いを入れた方がよいです。


アタリがあっても、即合わせません。

聞き合わせします。

重みを感じれば、一気に巻き上げます。

根に潜られないようにするためです。


活性が高い時期は、積極的にアクションさせた方が反応がよいです。

即合わせてしてもOKです。

時期に合った釣り方をするようにします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事