五目釣りをしていると、たまにカサゴが釣れることがあります。

最近では、カサゴを専門で狙いにいく釣り船が増えてきました。

胴付き釣りは、エサ釣りの定番とも言える釣り方で非常に人気が高いです。

ここでは、船で釣るカサゴの胴付き仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カサゴの船での胴付き仕掛けは?

カサゴの船での胴付き仕掛けについてご紹介します。

胴付き仕掛けは、次のとおりです。

カサゴの胴付き仕掛け

竿

メバルなどの小物が対象魚となっているオモリ負荷が20~30号の船竿を使います。

他には、軟らかめのルアーロッドライトタックルなどが代用可能です。

7:3調子などのある程度胴がしっかりしている竿の方がよいです。

長さは、1.8~2.4mが扱いやすいです。


リール

小型の両軸リールを使います。

スピニングリールよりも、ワンタッチ操作で底を取りやすい両軸リールの方が有利です。


道糸

道糸は、PEの1~2号を100mほど巻いておきます。


ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの2~3号、針はムツバリ11~13号です。

2~3本針で十分です。


オモリ

オモリは、20~30号を使います。

釣りに行く場所や、潮の速さなどによって異なります。

スポンサーリンク

カサゴの船での胴付きによる釣り方のコツ

カサゴの船での胴付きによる釣り方のコツについてご紹介します。

はじめに、エサはサバの切り身アオイソメなどを使います。

オキアミでも釣れます。

カサゴの胴付き仕掛け

おかっぱりからの釣りでは、ポイント探しから行います。

しかし、船釣りでは船長がポイントまで連れて行ってくれるので、ポイント探しは必要ありません。

ススム
タナについても、基本的には底付近を狙えばよいです。


釣り方は次のとおりです。

まず、仕掛けを投入し、底まで沈めます。

着底すれば、すぐに糸ふけを取ります。

そうしないと、根がかりする可能性があります。

誘い方は、リフト&フォールが基本となります。

誘い上げは50cmほどでよいです。

長時間の放置はいけませんが、少しの時間ならそのまま何もせずに当たりを待っても構いません。


船は潮に流されていきますので、常に底の状況が変わります。

そのため、頻繁に底を取り直さないといけません。

根がかりしてしまったり、カサゴがいないタナで釣っていたりということになり兼ねません。

底を取り直すことで、よい誘いがかかるという効果もあります。


コンコンという前当りがあります。

この時点で合わせても、針がかりしないことが多いです。

このような場合は、もう少し待つか、糸を送り込みます。

すると、今度は強く引き込みます。

この時に素早く合わせます。

そして、一気に巻き上げて底から引き離します。

一気に巻き上げないと、根に潜られてしまって引き上げられなくなってしまうためです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事